« 神々と出逢う 神奈川の神道美術 | トップページ | 帯状疱疹 »

最澄と天台の国宝展

国立博物館で、最澄と天台の国宝展を見てきました。

比叡山は2度行ってまして、国宝殿にある千手観音像が一番印象的でした。
高さ50センチくらいの小さい像ですがかなりエキゾチィックです。
確か比叡山の仏像では最古のものです。

横川中堂の聖観音像も良いですが、やはり本来ある場所で拝観するのが
良いんですよねえ。

鞍馬山の毘沙門天は何となく思い出しました。確か3体くらいある毘沙門天像のウチの一体ですね。

鶏足寺の魚藍観音・・・・・見ているのに思い出せない・・・・

« 神々と出逢う 神奈川の神道美術 | トップページ | 帯状疱疹 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最澄と天台の国宝展:

« 神々と出逢う 神奈川の神道美術 | トップページ | 帯状疱疹 »