« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

「第三の男」の音楽 チター

チターはツィター、Zitherともいうようです。キャロルリードの1949年の映画、第三の男の全編にわたって用いられて、不思議な音色で大きな話題となりました。
この映画がカンヌでグランプリを受賞し、それまで一介の酒場の芸人だった
チター奏者のアントンカラスは一躍有名になったのです。

続きを読む "「第三の男」の音楽 チター" »

中世への旅

中世の音楽を時代別に6枚のCDにまとめてあり、全体像を聞くには良いCDです。

Moyen1

中世の音楽を聴き始めた頃でしたので、入門用に良いから、と勧められました。
持っているのは輸入盤ですが、ちょうど新星堂が日本語版企画して出したのが
チラシ見ると97年ですね。

続きを読む "中世への旅" »

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »