« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

非細菌性慢性前立腺炎・慢性骨盤痛症候群の鍼灸治療解説

 長時間坐位で仕事をする人、自転車に乗る機会の多い人、スポーツクラブで長くバイク・エクササイズを行う人等は骨盤底筋群や太ももの後側の筋肉を傷めてそれがトリガーポイント(ひきがね点)となり、会陰部痛や尾骨痛、下腹部痛、排尿障害、坐骨神経痛の様な症状を引き起こすことがあります。
これらは慢性骨盤痛症候群とか慢性非細菌性前立腺炎と呼ばれています。

続きを読む "非細菌性慢性前立腺炎・慢性骨盤痛症候群の鍼灸治療解説" »

陰部神経のメモ

 陰部神経叢の最大の枝。
梨状筋下部の前方で形成され、S2~S4前部に由来する。
 内陰部動静脈を伴って、梨状筋下孔を通ってひとまず骨盤外に出て、坐骨棘を廻り、小坐骨孔から再び骨盤内に入り、坐骨直腸窩の坐骨結節に接した部分に達する。

続きを読む "陰部神経のメモ" »

慢性前立腺炎??慢性骨盤痛症候群?の鍼灸症例50代

2月頃から坐骨神経痛で治療にみえていた50歳代のMさん、下肢痛の方はだんだん良くなっていきましたが、
今度は次第に痛みが坐骨結節の内側の方に集約してきました。

そして座っていると会陰部の方にも痛みがくるようになってきました。

続きを読む "慢性前立腺炎??慢性骨盤痛症候群?の鍼灸症例50代" »

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »