« 2009年1月 | トップページ | 2009年9月 »

慢性非細菌性前立腺炎(陰茎痛)の鍼灸治療症例(40代)

非細菌性の慢性前立腺炎は慢性骨盤痛症候とも言われ、会陰部痛、陰茎痛などの下半身の痛みがあり、中々他人にも相談しにくい症状で、潜在的に悩んでいる患者さんが多いと思われます。

実は前立腺の病気というよりは、骨盤底筋のトリガーポイントが関連痛を引き起こしている場合も多く、その場合鍼灸治療がうまく適応します。

続きを読む "慢性非細菌性前立腺炎(陰茎痛)の鍼灸治療症例(40代)" »

« 2009年1月 | トップページ | 2009年9月 »