« 梨状筋の解剖位置と触診 | トップページ | 梨状筋上孔、下孔 »

内側・外側足底神経

脛骨神経は内顆の後方にある足根管を通って足に入る。

内側足底神経は足底の主要な感覚神経で、足底の前方三分の二のほとんど、母趾を含む内側の3本半の趾の皮膚感覚を支配する。(手の正中神経支配領域と似ている。)

加えて3つの内在筋(母趾外転筋、短趾屈筋、第1虫様筋)を支配する。
内側足底神経は母趾外転筋の深層で足底を走り、母趾外転筋と短趾屈筋の間の溝の中を前方へ向かって、その途中で双方の筋に枝を出す。
内側足底神経は母趾の内側面に固有底側趾神経を出してから、短趾屈筋の足底面で3本の総底側指神経に分かれ、さらに前方に延びて第1から第4趾の互いに向かい合う側面に固有底側趾神経を出す。第1虫様筋への神経は第1総底側趾神経から出る

Sokutei

Sokutei2

上は人体解剖学アトラス(メディカルサイエンスインターナショナル)より

外側足底神経は浅枝と深枝に分かれる。
浅枝はさらに小指あたりの皮膚知覚を司る総底側趾神経と固有底側趾神経に分かれる。
(外側足底神経の皮膚知覚支配は尺骨神経と似ていて、小趾と第4趾の外側半分を支配する。)
浅枝は小趾外転筋、短小趾屈筋、小趾対立筋、足底方形筋を支配する。
一方の深枝は分かれて筋枝となり骨間筋、母指内転筋、および3つの虫様筋を支配している

(参考)第2虫様筋は手では正中神経支配、足では外側足底神経支配となっている・

足根管の所で神経が傷害されれば足根管症候群

指先の方の総底側趾神経で傷害されればモートン病と呼ばれる

参考 足根管症候群、モートン病(脛骨神経絞扼障害)

横浜市戸塚鍼灸院

« 梨状筋の解剖位置と触診 | トップページ | 梨状筋上孔、下孔 »

b1神経障害一覧」カテゴリの記事

コメント

弊社は各ランクのブランド商品満載し、ブランド通販店で一番信用のある店なので!。
品質はこちらが間違いなく保証します。
https://www.ginzaoff.com

■取扱ブランド ロレックス時計コピー、カルティエ時計コピー、IWC時計コピー、
ブライトリング時計コピー、パネライ時計コピー.
◆ スタイルが多い、品質がよい、価格が低い、実物写真!
◆ ご入金頂いてから最速4日、遅くとも7日程度でご指定場所へ発送出来る予定でございます
◆ 商品送料を無料にいたします

◆信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です。
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います。
◇ N品質 シリアル付きも有り 付属品完備!

◆ 必ずご満足頂ける品質の商品のみ販売しております。
◇ 品質を最大限本物と同等とする為に相応の材質にて製作している為です。
◆ 絶対に満足して頂ける品のみ皆様にお届け致します。

興味あれば、是非一度サイトをご覧になって下さい。
今後ともよろしくご愛顧くださいますよう、お願い申し上げます
https://www.ginzaoff.com
お取り引きを開始させていただきたく思います。
詳細に関してはどうぞお気軽にご連絡ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梨状筋の解剖位置と触診 | トップページ | 梨状筋上孔、下孔 »