« 慢性非細菌性前立腺炎(陰茎痛)の鍼灸治療症例(40代) | トップページ | 股関節外旋筋群と坐骨神経痛 »

脛骨神経

坐骨神経は膝より近位で、時には骨盤の中で総腓骨神経と脛骨神経に分かれる。これらの神経は大腿を下降し膝後方の膝窩に入り、膝窩動静脈と一緒になる。

脛骨神経部は大腿二頭筋短頭以外の大腿後部コンパートメントの筋(大腿二頭筋長頭、半腱様筋、半膜様筋)に枝を出す。

脛骨神経は膝窩を通って下降し、下腿の後部コンパートメントに入ってさらに足底へ続く。

脛骨神経は膝窩に入り、ヒラメ筋の脛骨と腓骨の起始部に形成される腱弓の下を通過し、下腿の後部コンパートメント深部の膝窩筋の上、長母指屈筋と長指屈筋の間を、後脛骨動脈と共に下降する。(旧称は後脛骨神経と呼ばれていた)

脛骨神経は下腿の後部コンパートメントのすべての筋を支配する。
(腓腹筋、ヒラメ筋、膝窩筋、足底筋、後脛骨筋、長母指屈筋、長指屈筋)

膝窩筋に行く筋枝からは下腿骨間神経が枝分かれし、骨間膜の背面を走って、脛骨の骨膜、上跳躍関節(距腿関節)、および脛腓関節の知覚を司っている。

2本の皮枝(内側腓腹皮神経と内側踵骨神経)を出す。

・膝窩からは内側腓腹皮神経(旧称:外側伏在神経)が出て腓腹筋の外側及び内側頭の間を下降し、総腓骨神経から分かれる外側腓腹皮神経からの交通枝と合して腓腹神経となる。

・内側踵骨神経はしばしば複数有り、下腿下部の足関節近くで脛骨神経から起こって踵の内側面へ下降し、踵の内側の知覚を司っている。(内顆の上で始まり、踵骨腱の後側を通り、踵の外皮を支配する)

さらに足関節で内顆後部の足根管を通って足に入り内側足底神経、外側足底神経となり、深腓骨神経に支配される第1・第2背側骨間筋以外の足底のすべての内在筋っを支配する。

脛骨神経は運動線維が多く大部分は筋肉に守られている。
知覚繊維は以下の部分を支配する。

・下腿下半分の後外側、足関節および足と小趾の内側の皮膚、足と趾の足底面の皮膚

下はグレイ解剖学より

Asiura

脛骨神経は以下の神経と吻合する(By Dr.バレル)
・総腓骨神経
・大腿神経
・後大腿皮神経

脛骨神経は膝窩の中央、腓腹筋の2つの付着点の間またはその少し下、膝関節間線のあたりで触知できる。

横浜市戸塚鍼灸院

« 慢性非細菌性前立腺炎(陰茎痛)の鍼灸治療症例(40代) | トップページ | 股関節外旋筋群と坐骨神経痛 »

b1神経障害一覧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 慢性非細菌性前立腺炎(陰茎痛)の鍼灸治療症例(40代) | トップページ | 股関節外旋筋群と坐骨神経痛 »