« 足根管症候群、モートン病(脛骨神経絞扼障害) | トップページ | 足の甲のシビレ・痛み(前足根管症候群) »

足の痛み・シビレと総腓骨神経絞扼性神経障害

足の下腿部に痛みやシビレ等の知覚障害がある場合、総腓骨神経が様々な原因で圧迫・絞扼されて引き起こされている場合があります。これが根性の坐骨神経痛と間違われているケースもあります。

坐骨神経より分かれた総腓骨神経は大腿二頭筋の内側に沿って遠位に走り、腓骨頭を後ろから巡って下腿前部の長腓骨筋に入り、深腓骨神経と浅腓骨神経に分かれます。
この神経走行に変異が多い事や、腓腹筋外側頭起始部周囲、腓骨頭近辺で様々な要因から圧迫や絞扼等の神経障害を受けやすくなります。

深腓骨神経は運動神経繊維が多い。 
筋肉支配は前脛骨筋、長母指伸筋、短拇指伸筋、長趾伸筋、短趾伸筋、第三腓骨筋、
           (知覚は1・2指の根元)

浅腓骨神経は知覚神経繊維の方が多い
筋肉支配は 長腓骨筋、短腓骨筋。
どちらかというと知覚障害の方が起きやすい。    
           (知覚は足背、下腿外側下部皮膚の感覚 )

総腓骨神経絞扼性神経障害
主な症状
膝の後外側痛や、下腿の外側から足背の感覚が障害され、痛みやシビレ、触った感じが鈍くなったりします。
時には膝を伸ばすと痛い、筋肉がつる、という症状の場合もあります、

ジワジワ進行すると、足の指の背屈力、足首(足関節)の背屈力が弱くなってきますが、一般には軽度で気づかないことが多いようです。

長時間足を組んだまま居眠りをした後で、足首が背屈できなくなって麻痺が起こるのは(総)腓骨神経麻痺です。

腓骨神経が膝外側にある腓骨頭の後ろを巻きつくように走行している部分は、神経の移動性が乏しく、骨と皮膚・皮下組織の間に神経が存在するため、外部からの持続的な圧迫により容易に麻痺が生じます。

麻痺になると足首(足関節)と足指(趾)が背屈で出来なくなり、下垂足になります。歩くときには足を引きずるようになります(鶏歩)

(総)腓骨神経麻痺の原因としては、

足を組んだ姿勢のままで居眠りをしてしまった場合、
長時間草むしりのような膝を曲げた姿勢をとること、
硬い床の上で寝ることなどがあります。
ギブス固定、大腿骨頚部骨折後など下腿外旋位での長期臥床、
腓骨頭骨折やその他の膝の外傷などによって生じる場合もあります。

関節リウマチの患者さんは関節の変形により、これらの誘因がなくても腓骨神経麻痺がみられることがあります。

人体解剖カラーアトラス南江堂
赤丸6が腓骨頭、1大腿二頭筋、2総腓骨神経、13長腓骨筋、5外側側幅靱帯、10腓腹筋外側頭、7腸脛靱帯、15ひらめ筋

Hikotutou2

総腓骨神経から分かれた浅腓骨神経が、下腿外側下中1/3部分(外果から4横指上あたり)で深い所から表層に出る時、筋膜等によって絞扼される場合があります。

これが浅腓骨神経絞扼性障害
といわれるもので、足関節前面あたりの痛み・足背のシビレ・知覚障害がおきます。

下は局所解剖アトラス(南江堂)より
長腓骨筋の前から浅腓骨神経が出てくるのが分かります。
長腓骨筋の触診が大事ですね。

Sennhikotu2

人体解剖カラーアトラス南江堂
Sennhikotu22

Sennhikotu

トリガーポイントでは下腿の痛みのケースで一番最初にチェックするのは下の小殿筋です。
Syoudennkinn

浅腓骨神経の絞扼にも関わっていそうなのは下の腓骨筋ですね。

Hikotukinn

横浜市戸塚鍼灸院
 

« 足根管症候群、モートン病(脛骨神経絞扼障害) | トップページ | 足の甲のシビレ・痛み(前足根管症候群) »

b1神経障害一覧」カテゴリの記事

コメント

鍼で良くなると思います。
コメント欄での個人相談はご遠慮ください。
メールでお願いします。

はじめまして、よろしくおねがいいたします。
今まで自然治癒を期待して放置してたのですが、辛抱堪らなくなりお便りします。
今朝も、この左腓骨部位の痛みで起こされました。
またアルコールが回ると無感覚な麻痺状態になります。
個人的にその原因は、10年以上前に自宅マンション10階より、年若い友人と階段の駆け下り競争してからだと思ってます。
その後に、左脚が歩く時に感覚がなく、棒状のようになってる感覚でした。
それは収まってきたので、今まで放置してたのです。
若かったから(現在62才)自然に治癒するだろうと思ってましたが、酷くなってくる一方です。
治療方法はありますか?
毎日、ホカロン?で貼り温めています。
よろしくおねがいいたします。

おはようございます。
今まで放置してたのですが堪らなくなりお便りします。
今朝も、この左腓骨部位の痛みで起こされました。
またアルコールが回ると無感覚な麻痺状態になります。
個人的にその原因は、10年以上前に自宅マンション10階より、年若い友人と階段の駆け下り競争してからだと思ってます。
その後に、左脚だ歩く時に感覚がなく、棒状のようになってる今まで放置してたのですが堪らなくなりお便りします。気がしたものです。
若かったから(現在62才)自然に治癒するだろうと思ってましたが、酷くなってくる一方です。
治療方法はありますか?
毎日、ホカロン?で貼り温めています。
よろしくおねがいいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 足根管症候群、モートン病(脛骨神経絞扼障害) | トップページ | 足の甲のシビレ・痛み(前足根管症候群) »