« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

大腿神経(伏在神経)絞扼性神経障害

大腿神経は腰椎2番3番の神経根が傷害されて根性の大腿神経痛をひき起こすこともあります。
根性の大腿神経痛以外で、
絞扼性神経障害としては、
・大腿神経が鼡径部を通る際の圧迫や絞扼、
・知覚枝の伏在神経が膝の上内側で内転筋管(ハンター管)を通る際、或いは内転筋管を出たあたり、
・枝の伏在神経膝蓋枝が縫工筋を通過する部位あたりで起こることがあります。
(この場合の膝の痛みが変形性膝関節症と間違われているケースがあります。)

続きを読む "大腿神経(伏在神経)絞扼性神経障害" »

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »