« 腋窩神経絞扼障害 | トップページ | 肘の痛み 上腕骨上顆炎 »

肘部管症候群

肘部管症候群とは、何らかの原因で肘の肘部管という尺骨神経が通る部分で
圧迫・摩擦・絞扼・牽引されて、手の尺側(小指側)に痛みやシビレ、握力低下、巧緻運動障害などを引き起こす疾患です。

原因としては、
肘の外傷(肘関節脱臼・上腕骨顆上骨折・上腕骨外顆骨折・橈骨頚部骨折・肘頭骨折など)による変形
変形性肘関節症、
職業やスポーツによる肘の過度の使用(野球肘など)、
腫瘍(ガングリオン・神経腫など)、慢性関節リウマチに続発するもの、等によって
尺骨神経が圧迫、絞扼、牽引されて発生します。

Tyuubukann1
上は南江堂「肘の痛み・手の痛み」より
肘部管は内側上顆と肘頭を繋ぐ内側側副靭帯を底とし、尺側手根屈筋腱弓で蓋されたトンネルである。
位置的には内側上顆と肘頭を結んだ中点(小腸経小海穴)より約1.5センチ遠位にある。

男性に多く、発症には、30歳前後と50歳代の2回のピークがあります。
前者は、小児期の上腕骨外顆偽関節後の外反肘による遅発性尺骨神経麻痺で、
後者は、変形性肘関節症により発症するものです。

初期の症状はには前腕のの尺側から第4・5指の痛みやシビレ、知覚障害が主。
肘を曲げると症状は強くなる。夜間痛を訴えることもある。

進行すると、痛みよりはむしろ、しびれ感が強くなり、
小指,環指と中指の伸展が不十分となり,手袋をはめるのが困難となる.
中指の内転外転が不能となる。
母指と示指でつまむ力が落ちたり、手指がうまく使えない、
指の筋肉がやせたり(固有手筋、尺側手根屈筋、第4第5深指屈筋の萎縮、)、第4・5指が変形したり、指が伸びないなどの症状を訴える。
挟み込んだ紙を引っ張るテストを行うと,母指の末節関節を屈曲させて保持しようとする(フロマン徴候).
骨間筋萎縮と指の伸展不全のために「鷲の手」に似た格好となるので,鉤爪指(clawfinger)といわれる

チネル徴候陽性となり、肘の後内側に指に放散する圧痛を認める.

よく似ている間違えやすい病気

C8番神経根障害
尺骨管症候群
胸郭出口症候群

横浜市戸塚鍼灸院

 


« 腋窩神経絞扼障害 | トップページ | 肘の痛み 上腕骨上顆炎 »