« 肘部管症候群 | トップページ | 回外筋 »

肘の痛み 上腕骨上顆炎

上腕骨外側上顆炎と上腕骨内側上顆炎とが有ります。
手の掌を上に向けた状態で、
親指側の肘が痛むのが上腕骨外側上顆炎、
小指側の肘が痛むのが上腕骨内側上顆炎です。

一般に多いのは上腕骨外側上顆炎で家庭の主婦や手を多く使う人にもよく見られます。
スポーツだとテニスのバックハンドストロークやバドミントン、ゴルフ、卓球などでよく見られます。
俗に(バックハンド)テニス肘とも言います。

上腕骨内側上顆炎は野球やゴルフ、テニスのフォアハンド、やり投げ、重いスーツケースの持ち運びでよく障害が起こります。

別名ゴルフ肘や野球肘(内側型)、少年野球肘、(フォアハンド)テニス肘、スーツケース肘等と呼ばれたりします。

上腕骨外側上顆炎は前腕伸筋群の起始部であり、
内側上顆部は前腕浅屈筋群の起始部になります。

手の使いすぎによりこれらの筋肉に過度の緊張・ストレスが加わり、起始部の腱に微少な断裂が起こっている事が、多くは痛みの原因となっています。

上腕骨外側上顆炎は、患者さんが手関節を背屈(手の甲側へ曲げる)するときに抵抗をかけることで痛みが増強します。
手の回外筋からのトリガーポイントからの関連痛である場合もあります。

上腕骨内側上顆炎は患者さんが手関節を掌底屈(手のひら側へ曲げる)するときに抵抗をかけることで痛みが増強します。
部位的に近い部分の障害では肘部管症候群も鑑別が必要です。

上腕骨内側上顆炎はテニスの場合は競技選手や上級者に多い傾向があります。
スピンサービスや、フォアハンドのストロークでトップスピンをかける動作の多用で、前腕屈筋群の動作とと捻る回内動作が強く加わることで、付着部である内側上顆への負担がより増加するからです。

上腕三頭筋のTPSは外側上顆に関連痛と圧痛を
起こすことがあります。

横浜市戸塚鍼灸院













 

« 肘部管症候群 | トップページ | 回外筋 »