« 後骨間神経の絞扼・麻痺 回外筋症候群 | トップページ | 最近買ったフルートのCD、ロカテッリとゴーベール »

前骨間神経の絞扼・麻痺、回内筋症候群

前骨間神経は正中神経から分かれる枝で、肘のやや下(遠位の部分)で円回内筋や二頭筋筋腱膜、浅指屈筋などによって絞扼され、前腕から手の痛みや知覚障害や運動障害を引き起こす場合があります。
これを回内筋症候群とか、麻痺が強くなった場合は前骨間神経麻痺といい、手の母指、示指の先がうまく曲がらなくなります。

正中神経はまず二等筋腱付着部から円回内筋、浅指屈筋の筋膜に向かって走行する腱膜の下を通った後,
円回内筋深頭と浅頭の間を通り浅指屈筋腱の繊維アーチの下を通って遠位に向かいます。

前骨間神経は肘の辺りで正中神経から分岐して主に母指(親指)と示指の第1関節を動かす筋肉を支配します。
(長母指屈筋、深指屈筋、方形回内筋を支配し、前腕遠位部と手関節に関節枝として終わる。)

Zennkokkannsinnkei

回内筋症候群では前腕近位掌側部に疼痛があり、労働後や
運動後に憎悪します。
まれに前腕から手の知覚障害を訴える場合もあります。
労働後、運動後に母指、示指、中指の屈曲力の減弱を訴え、書字やつまみ動作が困難になる例が多い。

前骨間神経麻痺では発症前に数時間から数日間の疼痛が先行し疼痛消失後に麻痺が出現してきます。

絞扼されやすい部位は鍼灸のツボでいうと沢田流郄門のやや上あたりになります。
{肘(曲沢)から手首(太陵)までの、肘から3分の1から四分の一あたり、やや尺側にかけてのエリア。}

圧迫絞扼部位により、異なった種類の負荷で症状が誘発される。
例えば肘屈曲位で抵抗下に前腕回外を強制すると前腕部痛が誘発される場合上腕二頭筋腱からの腱膜による圧迫が疑われる。
また抵抗下に前腕回外を強制すると前腕部痛が誘発される場合円回内筋レベルでの圧迫が疑われる
などがあるが障害部位の確定には決定的ではない。

疼痛を主とする回内筋症候群の場合はチネル徴候陽性の場合もあるが、
前骨間神経麻痺になってしまった場合はチネル徴候、知覚障害は陰性である。

典型的な症例では、長母指屈筋、示指と中指への深指屈筋、方形回内筋の筋力低下が起こる。

前骨間神経麻痺では母指と示指の第1関節の屈曲ができなくなりますが、皮膚の感覚障害は起こりません。
母指と示指で丸を作らせるとうまくできず、母指の第1関節が過伸展(そり返り)、示指の第1関節も過伸展となり、涙のしずくに似た形となり、「涙のしずくサイン」陽性といわれます。

前腕の筋肉の酷使を酷使するスポーツ、テニス、バトミントン、、タイプ、ピアノなど前腕の回内、肘伸展運動の繰り返しのあとに発生しやすい。

中指の深指屈筋は正中神経本幹あるいは尺骨神経からの支配を受けることがあるため、中指深指屈筋の筋力低下を認める例は少ない。

また肘関節屈曲時の前腕回内力の低下も認めます。

横浜市戸塚鍼灸院

« 後骨間神経の絞扼・麻痺 回外筋症候群 | トップページ | 最近買ったフルートのCD、ロカテッリとゴーベール »

コメント

前骨間神経麻痺の患者様を対応したことはありますでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後骨間神経の絞扼・麻痺 回外筋症候群 | トップページ | 最近買ったフルートのCD、ロカテッリとゴーベール »