« 最近買ったフルートのCD、ロカテッリとゴーベール | トップページ | 過活動膀胱(神経性・心因性頻尿)40代女性 »

上腕三頭筋

上腕三頭筋のtrpsからの関連痛は
肘では、内側上顆よりも外側上顆に見られることが多く、上腕の後側面の上から下までの部分や、手の第4第5指に波及性疼痛を伴う場合もある。 肩甲上部にも関連痛が広がることがある。 患者は漠然としていて位置を確定するのが難しい痛みを訴える傾向がある。

上腕三頭筋を傷めやすい原因

ゴルフや野球のスイングで利き腕でない方、
弓道 懸垂 腕立て伏せ、

松葉杖の使いすぎ、長すぎる杖の使いすぎ

長頭のTP1
長頭のTP1は長頭を3等分した時の真ん中三分の1の部分に見られる。

鍼灸のツボでいうと三焦経臑会のやや内方、小腸経肩貞のやや下方あたりとなる。

関連痛は上方は上腕の後側から肩の後部まで時には上部僧帽筋の部位における頸の後部まで及んでいる。
そして時には前腕の後側を下降して肘の部分を飛び越えて波及することがある。

長頭は2つの関節にわたっているので痛みの原因であることを見過ごされやすい。
長頭のtrps検査は上腕骨に隣接した上腕三頭筋の深部を挟み触診する必要がある。

内側頭の遠位外側部のTP2 
TP2は内側頭の遠位外側部、
鍼灸のツボでいうと三焦経清冷淵のやや外方上方。
外側上顆に向かって下に伸びている筋の過敏帯にしばしば局所痙攣反応がある。

このTPは内側頭の外側縁に位置している。
関連痛および圧痛は外側上顆に起こりテニス肘の原因となる。前腕の橈側面にも痛みが広がることがある。

Sanntoukinn_2

TP3
上腕三頭筋の外側頭、中間筋膜の外側縁

外側頭の筋腹中央。

鍼灸のツボでいうと三焦経消瀝のやや上あたり。
このTP3の過敏帯は橈骨神経の知覚繊維の圧迫絞扼を起こすことがある。
この場合には外側上腕筋中隔の縁に沿って橈骨神経が中隔を貫いている付近を強く触診すると手にキリキリとする痛みを起こりがちである。

このTPから広がる関連痛は上腕の後側全体ときには前腕の背側
、そして手の第4,5指まで波及することがある。
筋肉の緊張帯は橈骨神経を圧迫絞扼することがある。

患者は前腕下方の背側、手首、そして手に於いて橈骨神経の知覚領域である中指の根部までうずくような痛みと無感覚のを訴える。

これに比較してTP3からの関連痛は45指に現れる。

TP4 上腕三頭筋の内側頭、中心遠位端

内側頭の奥深く、筋の中間線に近い肘頭の真上に位置している。

鍼灸のツボでいういと三焦経の天井、清冷淵あたり。

このTPは下方の肘頭に関連痛および圧痛を起こす。

TP5
上腕三頭筋の内側頭、遠位内側縁

内側上顆の真上、内側頭の内側縁の奥深くに位置している。

このTPは患者が仰臥位で肩において上腕を外転させた状態での平面触診により発見される。
治療するときは正中神経尺骨神経に注意

関連痛および圧痛は内側上顆に起こる。

手の第45指の手掌側に痛みが広がることがある。

時には隣接する手掌と中指にも及ぶことがある。

鍼灸のツボでいうと心経の青霊(内側上顆の)上3寸。上腕二頭筋の内縁)のやや上方あたり。

Sanntoukinn2

肘筋のTP

手三里のやや上方あたり。

解剖
内側頭と外側頭は上腕骨の後面で橈骨神経溝の下内側方と上外側方および内側上腕筋間中隔と外側上腕筋間中隔より起始し外側頭は内側頭の大半を被って下方に走り、付着腱は上腕骨と隣接した尺骨の肘頭に付着し、2つの関節にわたっている長頭と違って、1つの関節と交差している。

上部では長頭が肩甲骨の関節下結節に付着し大円筋と小円筋の間を下り、下部では尺骨の肘頭部位で3頭は共同腱を形成している。

作用
上腕三頭筋のすべての部分は肘部で前腕の伸張を行う。それに加えて長頭は肘の完全伸張と上腕の内転筋として作用しそして肩の部位で上腕を伸ばす働きもする。

横浜市戸塚鍼灸院

« 最近買ったフルートのCD、ロカテッリとゴーベール | トップページ | 過活動膀胱(神経性・心因性頻尿)40代女性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近買ったフルートのCD、ロカテッリとゴーベール | トップページ | 過活動膀胱(神経性・心因性頻尿)40代女性 »