« Windows® XPのパソコン | トップページ | 肩甲上神経ブロック »

ギヨン管症候群(尺骨神経管症候群)

ギヨン管症候群(尺骨神経管症候群)
 小指側の小指球の手根部にギヨン管(尺骨神経管)という、尺骨神経と尺骨動静脈の通り道があります。、 この部分は周囲を屈筋支帯と尺側手根屈筋で囲まれる構造になっていて、様々な原因で圧迫・絞扼されることが原因となって起こります。

ガングリオン、橈骨遠位端骨折、有鈎骨鈎骨折が原因となっていることが多い。
その他周囲軟部組織の肥厚、外傷、などが原因となり、
ペンチなどの工具を握る動作やドリルの長時間の使用、
長時間の自転車走行などによっても発症しやすいといわれています。

症状
発症当初は、小指、薬指の小指側にしびれ、痛みが生じ、手関節の背屈と掌屈で増強する。
 進行と共に、尺骨神経支配筋肉の萎縮が始まり、握力低下、巧緻運動障害、つまみ運動障害、母指小指の対立運動不全、を訴える。

伸筋・屈筋は正常で骨間筋虫様筋が麻痺、萎縮するため第4第5指の鷲手変形が起こる。また骨間筋麻痺のため指の開閉運動が障害されたり小指球筋が麻痺し萎縮するので小指の外転障害が起こる。

拇指示指のつまみ運動においてフローマンズサインが見られる。

注:尺骨管の中で尺骨神経は浅枝(知覚枝)と 深枝(運動枝)に分枝してしまうので傷害される部位によって特徴ある臨床症状を呈する。

  鑑別症状の目安として
肘部管症候群の場合、痛みとしびれは肘内側から小指、薬指の小指側で手背にしびれと痛みがある
 ギヨン管症候群の場合、痛みとしびれは手根から小指、薬指の小指側で手背にしびれと痛みがない

.横浜市戸塚鍼灸院

« Windows® XPのパソコン | トップページ | 肩甲上神経ブロック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows® XPのパソコン | トップページ | 肩甲上神経ブロック »