« 陰包(いんぽう) | トップページ | 大腿四頭筋 »

大腿神経メモ

腰神経叢の中でも最も大きい分枝で感覚運動神経。

大腿神経はL2~L4の前肢から起こる。

大腿神経は大腰筋内を下降し、大腰筋の下外側縁から現れる。

(閉鎖神経、外側大腿皮神経、大腿神経は大腰筋内を走っている。)

下はグレイ解剖学より

Daitaisinnkei

その後大腿神経は大腰筋の外側縁と腸骨筋の前面の間を走る。

鼠径靱帯の後方を通って大腿前面に入るところでは、腸骨筋膜の深層、大腿動脈の外側に位置する。(外側大腿皮神経はもっと外側)

大腿に入ると直ちに多数の枝に分かれる。

筋枝は腸骨筋、恥骨筋、縫工筋、大腿直筋、内側広筋、中間広筋、外側広筋、を支配する。
(大腰筋は大腿神経支配ではないがやはりL234)

関節枝は股関節と膝関節に分布する。

大腿神経の皮枝には次のものがある。

大腿前面の皮膚に分布する内側皮枝と中間皮枝。

下腿内側面の皮膚に分布する伏在神経。

Hifusetu

伏在神経は閉鎖神経分枝と吻合することによって膝の滑膜に小枝をもたらしている。

伏在神経は脊柱神経の中で最も最長でL2から足の親指まで続いている。

伏在神経は大腿骨内顆から約10センチくらい近位にある内転筋管内で膝蓋下枝と内側下腿皮枝に分枝する。
膝蓋下枝は内転筋管の前壁(広筋内転筋板)を貫通し縫工筋の下層に出た後、この筋或いはその腱部を貫通するか、又は縫工筋と薄筋の間を通過した後、大腿筋膜を貫通し皮下に出てその方向を外側に屈曲し膝蓋骨の内下部の知覚を司る。
一方内側下腿皮枝は大腿骨内顆の後方で縫工筋と薄筋間の筋膜を貫通し皮下に出てから、大伏在静脈に沿って下腿内側を下行し脛骨内顆部を通り母指内側に至り、下腿、足関節と足の内側の知覚を支配する。

大腿神経は腎臓と接触はしていないが密接な関係がある。

特に腎臓下垂がある場合、大腿神経に炎症を起こすことがある。

また虫垂切除の瘢痕の癒着がある場合も大腿痛を引き起こすことがある。

前部の痛みおよび内果の痛み、親指の痛みが大腿神経と関係していることがある。

(感覚神経繊維と浅腓骨神経、および脛骨神経の繊維が小さく吻合していることがこの痛みの説明となるかもしれない。)

腰神経叢と仙骨神経叢の吻合があることによって大腿神経の緩和が坐骨神経の、仙骨神経に対して鎮痛効果をもたらすことがある。

大腿神経は膝の伸展筋を支配

坐骨神経は膝の屈筋を支配           拮抗関係、陰陽の関係になる。

横浜市戸塚鍼灸院

« 陰包(いんぽう) | トップページ | 大腿四頭筋 »

b1神経障害一覧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陰包(いんぽう) | トップページ | 大腿四頭筋 »