« 腰宜(ようぎ)穴、力鍼(りきしん)穴 | トップページ | 環跳 »

薬指と男性ホルモン

薬指と人さし指の長さの比率で男性ホルモン優位か女性ホルモン優位かが分かる、という研究があります。

主にイギリスやドイツの研究家がいろいろな発表をしています。
以下要約です。

目視は手掌側で行う。

正確に計るなら
人指し指・薬指の期節骨の基部から末節骨の先端部までの長さをそれぞれ測定、比率を算出
人指し指・薬指の中手骨の長さをそれぞれ測定、比率を算出。
(人差し指÷薬指)
一般に男性は1より大きく、女性は同じくらいかやや1より小さい人が多い。

指をまっすぐに伸ばし、人指し指の場合は掌の指の根元のしわから指先まで、また、薬指の場合は数本あるしわの内、一番掌に近いしわから指先までを測る。

薬指にはテストステロン(男性ホルモン)受容体がより多く密集しているため、薬指の成長はテストステロンのレベルに影響される。
これに対し、人差し指の成長はエストロゲン(女性ホルモン)のレベルに影響される。

男性は通常は薬指がやや長いのが普通で
女性は薬指と人さし指がほぼ同じくらいな人が多いそうです。

井穴刺絡の浅見理論によれば薬指は交感神経刺激、副腎刺激になり、人さし指は副交感刺激になります。(陰陽理論でいえば薬指刺激は補陽、人差し指刺激は補陰。)
実際はもっと複雑な影響を及ぼしている可能性がある、と言うことでしょう。

ちなみに薬指は経絡というエネルギールートが耳と繋がっていますので、耳鍼とも一番関係が深いのです。

結構重なる部分があって興味深いです。

薬指が人差し指より長い場合

・神経が太く外向的な性格
・抑制がきかず、スリル、リスクを求める傾向がある。
・攻撃的・積極的な傾向がある
・人さし指が長い人に比べて交通違反を起こしやすい。
・テストステロン(男性ホルモン)は空間認識能力や数学能力に関与する領域に関わるのでどちらかというと理数系。
・前立腺癌、ALS、のリスクが高い。
・薬指が人差し指よりも長い人は、変形性関節症を患う可能性が最大2倍まで跳ね上がるという。(特に女性の場合)

その他(ちょっと首をかしげる部分もありますが)

風疹や水疱瘡に罹りやすく、ふけや水虫に悩みがち
寄生虫に感染しやすい
音楽好き
左利きが多い
自閉症である可能性がより高い
つらくて長時間にわたる肉体労働に耐えることができる
人差し指が長いランナーより速く走ることができる。この傾向は中距離と長距離ランナーの間で顕著
人差し指が長い人よりも足が速いので、フットボール、ラグビー、バスケットボールがより上手、そして力持ち
恵まれずより貧しい
子供の場合、過度にはしゃぎ過ぎたり、社会的認知(社会に対する理解と知識)が低く、注意散漫で落ち着きがない

人差し指が薬指より長い場合

・女性の場合、専業主婦、役人、医療従事者に多い

・エストロゲン(女性ホルモン)は言語能力に関与する領域の発達を促進すると言われているので、計算より読み書きの方が得意。
・長い人差し指は若年性乳癌(40歳以下、あるいは50歳以下で発症した乳癌)に関係して   いる可能性あり。
・乳がんのリスクが高い。
・男性の場合、同性愛者である確率がより高い
・男性の場合、若年性心臓麻痺を引き起こしやすい
・子供の場合、感情的で頭痛持ち、依存心が強く、怖がりで心配性
・アレルギー、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、花粉症に罹りやすい
・薬指が長い男性に比べ、精子数が少なく子供の数が少ない
神経症的
摂食障害、とりわけ過食症になりやすい

ざっと以上です。

薬指、人差し指の鍼灸刺激や井穴刺絡で、男性ホルモンの唾液中の濃度変化、
読み書き能力や計算能力の変化が見られたり、脳の該当領域の血流変化の違いなどの実験研究が行われたら面白いかもしれません。

参考記事

http://omoroid.blog103.fc2.com/blog-entry-186.html

横浜市戸塚鍼灸院

« 腰宜(ようぎ)穴、力鍼(りきしん)穴 | トップページ | 環跳 »

d4栄養・ホルモンなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 腰宜(ようぎ)穴、力鍼(りきしん)穴 | トップページ | 環跳 »