« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

小殿筋

この筋繊維は腸骨の外面に沿って前殿筋線と下殿筋線との間、または下殿筋線の下方に付着する。この付着部の後方は大坐骨孔に非常に接近した部位である。
遠位では小殿筋の筋繊維は集まって腱となり大転子の前方の最上部の内側面、梨状筋の付着部の深部前方に付着する。

小殿筋は上殿神経(L4、L5 S1)の上枝と下枝の両枝によって支配される.
上殿神経は中殿筋と小殿筋の間を通過し、中殿筋と小殿筋の両者に分枝を派出する。

中殿筋小殿筋は共に近接した位置で同じ骨に付着する。その結果として両殿筋の前方または後方部の筋繊維の作用はそれぞれに類似する。

中殿筋の場合と同じく小殿筋の後方の筋繊維が大腿の外旋に果たす役割よりも、前方の筋繊維が大腿の内旋に果たす役割の方が効果的である。

小殿筋の前方部筋繊維と大腿筋膜張筋による股関節の内旋は、中殿筋の前方筋繊維の補助で行われる。この作用に対抗するのが主として大殿筋、梨状筋であり、外側外旋筋群がこれに加わる。つまr大腿方形筋、上下双子筋、内外閉鎖筋である。

股関節外転機能の主動筋は大腿筋膜張筋、中殿筋、小殿筋である。
逆の内転に作用するのは4つの主要な内転筋群、つまり、大内転筋、長内転筋、と短内転筋、そして恥骨筋と補助的に薄筋である。

続きを読む "小殿筋" »

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »