« 太ももの痛み(大腿神経絞扼障害)の症例 | トップページ | 胞肓 »

腸骨下腹神経絞扼障害と想われる症例(走ると下腹部が痛い)

「走ると下腹部が痛い」という症例で、何軒も整形外科に行かれたようですが、特に原因が特定されず、治すのは難しい、と言われたそうです。当HPの腸骨下腹神経のページを見て、これではないか?ということで来院。

「5年前テニスのプレー中に
左股関節と仙腸関節の左側に圧痛と違和感と引っかかり感を感じてから、今現在に至るまで同じ症状です。
走るとお腹の左側に違和感と異物が入って引っかかる感じと圧痛を感じます。
歩く時は軽くなります。
後はお腹の左側を指で押すと圧痛をかんじます。
何度か整形外科行きました、レントゲンを撮り骨棘が左股関節と左仙腸関節にできていました。骨棘が靭帯や筋肉や神経に影響を及ぼしているのではとの見解でした。MRIも撮りましたが異常なしでした。治すのは難しいと言われました。
日常生活ができれば仕方がないような感じでいわれました。
現在は走ると痛くなるので歩いています。レントゲンとMRIは持参します。」

上が最初いただいたメールで下が患部の圧痛点です。
(そこを押さえると、もう少し下の下腹部の方に響く)

Cimg0037

更に症状について色々お聞きしたところ

・重いものを持ったときに下腹部痛か腰痛のどちらかが出る感じです。
・腰を曲げて重いものを持ち上げると左の鼠蹊部に異物感を感じます。
・歩いた時も左の鼠蹊部に違和感と異物感を感じると思います。
・左鼠蹊部と左股関節付近を押すと残便感のような痛みだと感じます。
・腰の方に痛みが回った時には下腹部の痛みが無くなり,逆に下腹部痛の時は腰痛は無く        なる感じです。
・坐って身体をねじって咳をしたときは痛みは無いです。
・今、腹筋をやりましたが痛くなかったです。
・左サイドの鼠蹊部と股関節と腰が痛い感じです。
・腰や骨盤のストレッチをすると痛みが出ます。
・何もしないで直立していると痛みはありません。
・車の運転で座っていたり、どこかに座っているとお腹の左側に違和感や異物感を感じます
・長時間の車の運転が良くないと思います。戸塚鍼灸院HP別館の骨盤底筋と慢性骨盤痛症候群の症状が私の症状に当てはまる
かと思います。以前、長時間座位で仕事をしている時から症状が出始めました。

仙腸関節部の痛み、長時間の坐位で起こる殿部痛、走ると痛む下腹部痛、等、いくつかの症状が混在していましたが、走ると起こる下腹部痛に関しては、どうやら腸骨下腹神経の絞扼性神経障害のようでした。腸骨下腹神経は腹斜筋を貫通しますので、そのあたりの問題が、走ると下腹部が痛い、という症状を引き起こしているようです。
1回目の治療でだいぶ軽減し、以下のようなメールをいただきました。

「昨日の治療で患部が軽くなりました。
ゆっくり走った感じでは5割ぐらい痛みは軽減した感じで
す。ありがとうございました。」

1週間後くらいに2回目の治療を行って、更に軽減していましたがその後連絡なく詳細不明です。

横浜市戸塚鍼灸院

« 太ももの痛み(大腿神経絞扼障害)の症例 | トップページ | 胞肓 »

b4胸腹部痛など」カテゴリの記事

コメント

研究会はないと思いますよ

先生、ありがとうございます。
耳鍼療法でいろいろ面白い症例がありますが、また耳鍼のところを見つけて投稿いたします。
ところで、耳鍼の研究会とかあるのでしょうか?

そういえば、耳の皮内鍼に限らず、腰痛の皮内鍼でも、たまに皮内鍼を外した後に症状が緩和する、という例が昔に何例か有りましたね。
ですから耳鍼に限った事ではないような気がします。
(耳鍼の話題でしたら、できるだけ耳鍼に関係のあるページにコメントしていただいた方がいいかと思います。適当なページがなかったら適当にしてください。)

こんばんは。先日はいろいろとありがとうございました。

実は、ちょっと先生にお知らせしたい症例があります。
これは治験例ではありませんが、耳ツボダイエットと共に、他の症状も含めて、耳ツボにハリを固定した2人の方の症例です。共に、身体への治療はせず耳介療法のみ。

Aさん。60代女性。ダイエットに興味があり、始める。
週1で3回した所で中止。食欲抑制等の効果はすぐに出て1キロ減したのですが、極度の肩こり。夜も遅くまで仕事をして、根をつめるタイプ。右肩甲骨がキリキリ刺すような痛みがあり、何をやっても治らないとのこと。
2回目にダイエットのツボ以外、右の後頭とその裏側(耳背に2箇所)の反応点に固定した。3回目の時には肩こりが少しましとのこと。そして、今日が4回目の予定でしたが、3回目の固定後2~3日後に、右後頭部に激痛があり、夜中になると痛み出す。どうも肩から凝りの痛みがあがってくるような感じがして、何日か様子を見たが、自分でハリを取ったら、右後頭部に痛みも消えて、肩こりもスッキリしているとのこと。とりあえず、ハリの固定は取りやめにしました。明らかに耳の鍼の作用なのですが、刺激が強かったのか(鍼を入れている部位には痛みを感じず、耳ツボの対応エリアに反応が出ている)好転反応なのか、よくわかりません。私自身や、私の母も、極度の肩こりですが、同じように頸部、その裏の耳背に鍼を固定してから肩こりは非常に改善されています。それにしても、耳鍼の威力というか、作用には驚かされます。それに、なかなか臨床例もなくて、どのような人に、どれぐらいの刺激(鍼の長さとツボの数)をしたらいいのか手探りな状態です。
ちなみに、鍼はセイリンパイオネックス0.6が基本です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太ももの痛み(大腿神経絞扼障害)の症例 | トップページ | 胞肓 »