« 秩辺 | トップページ | ハムストリング筋群 »

会陽

部位-尾骨先端の両側0.5寸

足の太陽経と督脈の交わる点で会陰と相対している事から名付けられた。

別名 利機(甲乙経)

大殿筋  下殿動静脈の枝  尾骨神経が分布し、深部は陰部神経管

作用 調理下焦

主治 帯下 陰萎 赤痢 血便 痔疾 下痢 陰寒湿

大殿筋の下の方のTPと近い

長野式では会陽から上方向にねらい、肝門脈のうっ滞を改善する方法がある。

横浜市戸塚鍼灸院

« 秩辺 | トップページ | ハムストリング筋群 »

e1経絡経穴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秩辺 | トップページ | ハムストリング筋群 »