« 殷門 | トップページ | 腓腹筋 »

膝窩筋

膝窩筋は下枝の後部コンパートメント深層の筋の中で最も小さく最も上方にある。
ヒラメ筋の内側近位縁のすぐ頭方にある。

起始 大腿骨の外側窩の外側面、外側側副靱帯ならびに関節包。
停止脛骨近位部の後面
脛骨神経(L4~S1)

作用
・膝関節を屈曲し下腿を内方に回旋すること。
(内側ハムストリング筋によって補助され、わずかではあるが縫工筋と薄筋によっても補助される。)
・体重がかかり始めるときに固定された脛骨に於いて大腿を外旋させることによって膝を開くためにも作用する。
・膝が屈曲を始めるときに、伸展していた膝のロックを外す役割がある。
膝関節での屈曲と外旋に際して、外側半月の後部を後方に引き、外側半月がつぶれるのを防いでいる。

一般的に患者が訴える症状は屈んだり、階段や坂を下りるときの膝後部の痛み。

この筋の下部、内側部は半腱様筋の腱と腓腹筋の内側頭の間で間接的に触診できる。
上部外側部はそれが腓骨頭の真上で膝関節を横切るので、一方は大腿二頭筋の腱、さらに他方は腓腹筋の外側頭と足底筋の両者の間で最もよく触診できる。

膝窩筋のTpsは主として膝関節後部に痛みを引き起こす。
膝窩筋のTpsのみが膝の痛みの原因であることはまれである
通常膝の痛みは大腿二頭筋、腓腹筋のTpsからきている場合が多い。

Situkakin

膝窩筋は脛骨後部において外側半月と外側側副靱帯の間を通る。また膝窩筋の表面を脛骨神経が通る。
膝窩筋の上部、外側端の付着部分は複雑で、外側半月板の後部と繋がっている場合もある。
外側半月後角への付着により膝の屈曲・内旋中に外側半月を安定させる。
外側端の付着部分の痛みを外側半月板の痛みと間違える事もある。

Stukaki_n4

上はングマン解剖学図譜より

Situkakin2

Situkakin3

以上Trpマニュアルより

横浜市戸塚鍼灸院

« 殷門 | トップページ | 腓腹筋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 殷門 | トップページ | 腓腹筋 »