« 帯状回 | トップページ | 後頭神経痛の症例 女性2例 »

内外腹斜筋

腹斜筋は、外腹斜筋と内腹斜筋の2種類から構成されている

外腹斜筋
起始
(前部繊維)第5~第8肋骨の外面に付着。(前鋸筋と交差嵌入)
(外部部繊維)前鋸筋と交差嵌入する第9肋骨の外側面及び広背筋と交差嵌入する    弟10、11、12肋骨の外側面 
筋繊維の方向:繊維は斜め下方・内方へ。上部繊維は更に内方へ。
停止
前部繊維は腹直筋鞘前葉・白線らに付着。
外部繊維は鼠径靱帯となって上前腸骨棘および恥骨結節へ。また腸骨稜の前2分の1の外側唇へ。

神経支配 肋間神経(T5~T12)、腸骨下腹神経の前枝。

作用:
両側性に作用すると前部繊維は脊柱を屈曲し胸郭と骨盤を前に近づける。
外側繊維は特に腰椎に大きく影響を及ぼし骨盤の後傾を生じる。
一側性に作用すると反対側の内腹斜筋と一緒に脊柱を回旋し(前部繊維)、胸郭を骨盤の方へ傾ける(外側線維)

内腹斜筋

起始
(下部前部繊維)鼠径靱帯の外側3分の2、及び上前腸骨棘付近の腸骨稜への短い付着。
(上部前部繊維)腸骨稜の中間線の前3分の1より。
(外側線維)腸骨稜の中間線の中3分の1及び胸腰筋膜より。

停止 
(下部前部繊維)腹横筋と共に恥骨節、恥骨線の内側部及び広い平坦な筋膜を通して白線へ付着。繊維は下腹部を横走。
(上部前部繊維)腱膜を通して白線へ。繊維は斜め内側及び上方へ。
(外側線維)弟10、11,12肋骨の下縁と腱膜を介して白線へ。繊維は斜め上方。内側方向へまた前部繊維に比べより上方へ。

作用
一側性に作用すると反対側の外腹斜筋前部繊維と共に内腹斜筋の上部前部繊維は脊柱を回旋して内腹斜筋側の胸郭を後ろに引くか骨盤を前に出す。

内腹斜筋の神経支配
肋間神経(T5~T12)、腸骨下腹神経(T12~L1)、腸骨鼡頚神経(L1~L2)

下の2枚の画像はケンダル 筋力テスト(第二版)日本肢体不自由児協会より

Fukusyakin1

内外腹斜筋が中等度ないし著名な弱まりの場合呼吸公立が減少し内臓の保護の力が弱まる。

外腹斜筋の両側性の弱まりは脊柱の屈曲力を減少させ骨盤は後方傾斜する。立位ではその結果骨盤の前方傾斜か骨盤の胸郭と下枝に対する前方片寄りが生じる。
(ケンダル)筋力テスト(第二版236ページ参照)

Fukusyakin2

上の画像 bは骨盤の前方傾斜 cは前方移動と胸郭の後方移動。多くは股関節の過伸展と腸腰筋の弱まりを合併する。

腹部のTpからの関連痛は他の諸筋のTpからの関連痛に比べて一貫性に欠け、正中線に関係なく現れることがある。つまり片側に生じたTpがしばしば両側に痛みを引き起こすようなこともある。

胸郭前部の上面を走っている外腹斜筋の上部の活性Tpsは、胸焼けや裂口ヘルニアの様な症状を引き起こすことが多いこれらのTrpsはまた上胃部の深部痛を生じさせることがあり、それが更に腹部の他の部位にまで痛みを引き起こしたりする。

腹部外側壁の下部の筋組織における局部活性Tpsはおそらく3層のうちのどの筋にあっても関連痛は鼠径部や精巣(睾丸)にまで痛みをもたらし腹部の他の部位にも指を広げたような形状に痛みを波及することもある。

恥骨上縁から鼠径靱帯の外側半分くらいまでのあたりに見られる活性Tpsは排尿筋と膀胱括約筋の感応性と攣縮を増大させ、頻尿と尿貯留をもたらし鼠径部に痛みを起こさせる。

嘔気ボタン:このTpsは一般に弟12肋骨の肋骨角か、その真下にあり、右にも左にも現れる。このTpがかなり活性化しているときは自然にげっぷが出るし勢いよく吐くという深刻な症例もある。

Fukusyakin3

(参考)
外腹斜筋の下縁は左右の鼠径靱帯を形成する。この外腹斜筋腱膜の自由縁は補強されて厚くなり、外側の上前腸骨棘と内側の恥骨結節の間に張る。これは下方で折りたたまれて樋のような形を作り、鼠径管の形成に重要な役割を果たす。また、鼠径靱帯の内側端から伸展した繊維によって他のいくつかの靱帯が形成される。
下はグレイ解剖学より。

Fukusyakin4

横浜市戸塚鍼灸院

« 帯状回 | トップページ | 後頭神経痛の症例 女性2例 »

a1慢性前立腺炎・頻尿など泌尿器疾患」カテゴリの記事

b4胸腹部痛など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帯状回 | トップページ | 後頭神経痛の症例 女性2例 »