« 内外腹斜筋 | トップページ | 後頭神経痛の症例 男性2例 »

後頭神経痛の症例 女性2例

少し古い症例ですが、後頭神経痛及び類似の症例2例の覚え書き。

 Tさん 72才 女性

定年退職してから3月頃からこめかみがムズムズするような感じがしていた。
 ひどくなってきたのは7月8月。来院は10月。
頭の表面のピリピリした痛みが30秒くらい続いてその後収まる

ひどいときは間隔置かずに頻繁にピリピリする。帽子かぶったり、軽く触るのも嫌。

大後頭神経三叉神経症候群と思われる。

初回治療した翌日はほとんど痛みが出なかったがその翌日は数回痛みが出た。
(初回、その後の治療中も頻繁に痛みの発作が起こっていたが、
C2、天柱あたりの鍼で即時に痛みが消失することが何度かあった)
週に2,3回のペースで6,7回治療してほぼ痛みは出なくなった。

頚椎部の筋肉による大後頭神経の絞扼、もしくは頭半棘筋などからのtpによる関連痛であったと思われる。

Hannkyokukinn

Mさん75才 女性

2年前から原因不明の頭痛?めまい感を訴える。CTを3回撮ったそうですが頸は綺麗だし頭の中も特別問題はない、ということで原因不明でした。

「ほぼ2年前から、頭に脈を打つ ようなズキンズキン、あるいはピリピリというめまいというのでもないの ですが違和感が断続的に出て、ふらつく。特に左耳を下に寝た 時はその症状が強く出て、寝付けないことがある。
(ひどいときは寝てからぴくんぴくんとして3日くらい充分眠れなかったときがあった。この頃体重41キロから37キロに減った。)

子供の頃に耳を煩い左耳はほとんど聴力が無い。

痛みというほどでもないみたいだが、あまりひどいと本人は気持ちがめいってしまうとのこと。あと、耳鼻咽喉科も受診しましたが、特に異常はみあたらないとのこと。

最初は右にズキンズキンときて左耳に響いていた。それから変わっ て後頭部中央あたりからズキンズキン~ビビビとバイブレーションのようなものが左 耳に響くようになってくる。
それが続くと耳がウワーンとなり、なんとなく頭が重くなるという事。

表面のほうではないようですが、どこかはわからないとのこと。
ほぼ毎日おこる。(まったくない 日もまれにある。)
時間帯はまちまち。(気圧が低い時が出やすい気がする。)

ひどい時もあったようだが、寝込むことは無い。
時折、しばらくおさまるのを待たないと動けないことがある。
最近はそこまでなることはない。

血圧は130-90くらい。
薬は便秘対策に強力ワカモトを飲んでる。
あとは、よほど眠れない時に睡眠導入剤をたまに。

便秘の薬を飲むようになったのは、いきむと、ずきんずきんがでやすいように感じているからで、あとは重いものを持ったり、すごく力を入れたりすると、なりやすい感じがしている。

何軒も病院へ行っても診断がつかない・・・・CTも3回くらい撮っている。

確かに片頭痛とも後頭神経痛ともチョット違う感じです。

左耳を下に寝たときに症状が出てくるので最初は耳の問題かと思っていましたが、子細に症状をお聞きするとどうも頸の問題のようです。
頸を動かしてもらってもやや違和感はあるものの、症状は再現しません。
ところが夜間頻尿がある、ということなので灸をしようと、仙骨3番の中髎穴を押さえると症状出現。硬膜の関係で仙骨と後頭骨・頸椎1番は繋がっていますから、こういうことがおきたのでしょう。

ビリット電気が走るような表面的な痛みではなく、どこか特定できない拍動性の不快感ということで、病院でも正確な診断はつかない。
高齢で猫背、頭部前方位(頭部前方突出、前方頭位姿勢、クレーンネックともいう)になっていて、後頭環椎部が過伸展のストレスをうけ続けている状態でした。

後頭下筋群(上頭斜筋、下頭斜筋など)や頸の板状筋群、半棘筋群、たりのトリガーポイントを入念に施術して、、1回目の治療で症状は8割くらいなくなり、いったんは5回くらいの治療でほぼなくなりました。

その後3ヶ月くらい何ともないときもありますが、重い物を持ったり、疲れたりすると症状が出てきますが、何回か鍼治療すると収まってくる、という感じで初診から5年くらいたってますが現在も時々継続治療中。

Jyoutousyakin2_2

Bannjyoukinn

Hannkyokukinn

横浜市戸塚鍼灸院

« 内外腹斜筋 | トップページ | 後頭神経痛の症例 男性2例 »

d3頭痛・顔面神経麻痺・喉・目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内外腹斜筋 | トップページ | 後頭神経痛の症例 男性2例 »