« 後頭神経痛と診断された28才女性 | トップページ | ブルーイングリーン (マイルスディビス覚え書き1) »

睾丸痛(非細菌性慢性前立腺炎・慢性骨盤痛) 26才

26才 男性 3年前から右の睾丸、右足の付け根(睾丸の付け根あたり)付近のの痛み。

3年前に泌尿器科にて慢性前立腺炎と診断されたが、なかなか痛みが消えない。
泌尿器科は3軒くらいかかった
整形外科でもCTを撮ってもらったが、特に悪いところはないとの事。

主に痛む、不快感のある部位は会陰 右睾丸 右睾丸の付け根あたり、下腹部。
ほとんどの症状が右側。日によって不快感の部位は若干違う。
排尿障害、射精時痛は無い。
長時間座っていると症状が悪化する。

仕事は事務職のため大半の時間は座っている。
若い頃スノボをよくやっていた。
自転車はほとんど乗っていない。(月に2,3回)

比較的順調に回復した症例でした。北国育ちで若い頃にスノボをやっていたと言うことで、体を捻って右足に体重をかけるスノボ特有の姿勢が内外腹斜筋、腸骨鼠径神経、内転筋などに悪影響を及ぼして、片側の睾丸、睾丸の付け根あたりの症状を引き起こしていた、と考えられます。
実際に腹斜筋部(帯脈、居リョウあたりは)左右差が顕著で、股関節も右側が硬くて可動域も全体に右側が悪い。

腸骨鼠径神経絞扼障害

外腹斜筋

週に1回のペースで治療。
3、4回目あたりからだいぶ良い感じになってきている。
時々右睾丸付けね 鼠径部の上が
痛むときがある。

10回終わった時点で大体8割くらいは良くなっている。 

13回で本人の弁でほぼ完治したと思う、ということで一旦打ち切り。

但し、慢性前立腺炎は一般に複雑で難治なものが多く、本症例のように短期間でスムーズに治る例は少ない。
今回の症例は慢性前立腺炎という診断がついているが、実態は骨盤底筋群による慢性骨盤痛であろう。

参考

非細菌性慢性前立腺炎、慢性骨盤痛症候群の治療解説

横浜市戸塚鍼灸院

« 後頭神経痛と診断された28才女性 | トップページ | ブルーイングリーン (マイルスディビス覚え書き1) »

a1慢性前立腺炎・頻尿など泌尿器疾患」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後頭神経痛と診断された28才女性 | トップページ | ブルーイングリーン (マイルスディビス覚え書き1) »