« 腱鞘炎 | トップページ | 深川飯 (あさり) »

会陰部痛  22歳 

22才男性、学生なので長時間座っている事が多く、骨盤底筋からの関連痛として会陰部痛を引き起こしたと思われる。

2月に入ったあたりから痛み始めて、最初の頃は時々会陰部、肛門部が痙攣するような感じだった。

泌尿器科で尿検査しても菌は無くセルニルトン飲むが効果なく、次第に会陰部に痛みが広がる、別の泌尿器科で抗生物質2W飲む。

そのころに比べれば現在はすこし痛みは緩和しているが座っている間は症状がひどくなりつらい状況。

症状はいろいろ変化している。
特に座っている時に会陰部の痛みや不快感が広がり座っているのがつらい。
左足の付け根が痛い症状も続いており、右の付け根が痛むときもある。
座っている時に触れているお尻全体に不快感が広がる。
排尿障害や射精痛、睾丸痛などは特になし。

別館HPに載っていた睾丸痛(非細菌性慢性前立腺炎・慢性骨盤痛)の記事の症状によく
似ている

ということで4月に来院。

大体週1回の治療で、6回目くらいでほぼ半分くらいの痛みレベルに軽減。
その後最初を10としたら、3~5位のレベルを行ったり来たりする感じが続く。

11回目の治療の2週間後に
「まだ薄っすらと不快感を感じてはいますがほぼ座っていて痛くなったりなどは
なくなりました。最近は精神的にも気にならなくなってきていて仰向けに寝ても気にしなければ問題ない感じで調子がいいです。
ほぼレベル的には1~2くらいになってきて、一回治療を辞めてこのまま様子を見たいと思っています。」

ということで一旦終了。

今回は骨盤底筋の関連痛としての会陰部痛であって、前立腺炎からのモノでは無かったので比較的短い時間で寛解したが、実際に前立腺に問題がある方はなかなか一筋縄ではいかないケースが多い。

追記

2ヶ月後くらいに、「また最近気になる」
ということで再来院、10回治療。

« 腱鞘炎 | トップページ | 深川飯 (あさり) »

a1慢性前立腺炎・陰部痛・慢性骨盤痛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 腱鞘炎 | トップページ | 深川飯 (あさり) »