« 鉄欠乏性貧血 | トップページ | 鉄過剰症 »

ビタミンB12 悪性貧血(巨赤芽球性貧血)

悪性貧血(巨赤芽球性貧血)の原因は、ビタミンB12や葉酸の不足、萎縮性胃炎など多岐にわたります。

ビタミンB12や葉酸が欠乏すると、赤血球の産生の際、細胞の分裂・増殖がうまく進まないで途中で死滅してしまいます。
そして骨髄中には、分裂成熟のできない(赤血球になれなかった)大きな赤芽球(巨赤芽球)がたくさんたまってきます。この異常な赤血球は 成熟しないうちに死んだりすることが多く、この事によって巨赤芽球性貧血ともいわれます。

赤血球の産生量は激減し、白血球や血小板も減少します。但し、ヘモグロビンは通常通り生成されます。

悪性貧血の症状

貧血は潜行性に進行し,重度になるまで症状が出現しないことがある

一般的な貧血症状(動悸、息切れ、疲労感、全身倦怠感、頭重感、顔面蒼白など)に加えて、

・舌の表面がツルツルになり(舌乳頭萎縮))、赤くなりビリビリ痛みを伴う(ハンター舌炎)、味覚低下、食欲不振、悪心などのほかに白髪もみられ、 黄疸、出血傾向を伴う事もある。

さらに、ビタミンB12の欠乏として、

・四肢のしびれなどの知覚障害・末梢神経障害や歩行障害などの運動失調、痙性運動失調、記憶障害、せん妄,錯乱などの精神症状,ときに起立性低血圧が起こることがある。

ビタミンB12(コバラミン)

ビタミンB12は動物性食品中に含まれ、胃液中の内因子と結合してから小腸で吸収される。葉酸と協力して体細胞の分裂・成熟や、神経組織の代謝、細胞膜をつくる脂肪酸作りに必須。

・コバルト原子を含むためコバラミンとも呼ばれる。
・体の中の量が最も少ないビタミンの一つである。肝臓に最も多く貯蔵されている。
・葉酸を助けていて使われた葉酸を再度使える元の形に戻す。
・欠乏は悪性貧血となり、ひどくなると末梢・中枢の神経症状を伴う。
・豊富に摂れば落ち着きが出て、記憶力、集中力などの精神状的能力が高まる。

以下のような人は欠乏症を起こしやすくなります。

・高齢者など、胃酸分泌の低い人(B12の吸収に必要な胃液中の内因子が欠乏しやすい。)
・胃を全部切除した人。、
・あるいは妊娠、授乳、甲状腺機能亢進症、などでB12の消費が増加した場合、
・.厳格な菜食主義者

多く含まれているのがレバー、貝類、牛乳などだが、果物や野菜にはほとんど含まれていない。
(調べると、確かにB群の豊富なビール酵母にもこのB12は含まれていなかった。)

葉酸(フォレート、フォラシン)

・妊娠の前や妊娠中に特に重要。

・葉酸はほうれん草から見つかったビタミンで、緑黄力野菜やレバー、卵、豆類などに含まれている。
・造血以外にもたんぱく質の合成にも欠かせない物質で、細胞が新しく造りだされるときに必要になる。
・肺ガン、子宮頚管異形成の予防、歯周病、痛風、シミなどの皮膚症状の予防と治療に重要、

妊娠中の女性は妊娠していない時の2倍以上の葉酸が必要になる。

・妊娠中。授乳中、ピルの服用者、アルコールの大量摂取者、催眠、鎮静剤の服用者、エストロゲンの使用者は欠乏しやすい。

・葉酸欠乏は全年代におこりうる。

・葉酸欠乏患者の多くが筋萎縮,特に前頭筋の筋肉量減少を示す。

・過剰症
葉酸を大量 (1~10 mg) 摂取すると、発熱・蕁麻疹・紅斑・かゆみ・呼吸障害などの葉酸過敏症を起こすことがある。
また、ビタミンB12欠乏症の診断を困難にしたり、亜鉛と複合体を形成して小腸からの亜鉛の吸収を抑制する可能性がある。

« 鉄欠乏性貧血 | トップページ | 鉄過剰症 »

d4栄養・ホルモンなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄欠乏性貧血 | トップページ | 鉄過剰症 »