« 片頭痛56才女性 | トップページ | 外閉鎖筋 »

恥骨筋

起始:恥骨の恥骨上枝、恥骨櫛並びに恥骨靱帯に付着。
(鼠径靱帯の内側部分のすぐ下方で恥骨上枝の恥骨稜(恥骨櫛)に付着している。

停止:大腿骨の恥骨筋線(大腿骨の後面の腸腰筋の付着部の下)に付着。

恥骨筋の主な働き

股関節を内転・屈曲(補助)

神経支配:大腿神経(L2~L4)
              一部閉鎖神経(L2~L3)に支配される場合もある。

恥骨筋は長内転筋、大内転筋、短内転筋と共に内転筋群の1つ。

下はグレイ解剖学より


_22tori0001

下は新しい人体解剖学アトラス(メディカルサイエンスインターナショナル)

Toriminngu0001

恥骨筋は大腿三角(スカルパ三角)の底部の内側の大部分を占める。
この三角部は長内転筋、鼠径靱帯、縫工筋によって構成される。
一番はっきり指標となる長内転筋の外側で大腿動脈の内側に存在する。
大腿動脈の内側には大腿静脈があるのでこのあたりの刺鍼の際は拍動がない大腿静脈にも注意を要する。

大腿動脈は大腿三角のほぼ中央を下降している。
三角部の底部は恥骨筋の内側では短内転筋、外側では腸腰筋によって完成されている。
つまり大腰筋腸腰筋は長内転筋の外側と縫工筋の間で小転子より上の位置にある。
尚、恥骨筋の深部には外閉鎖筋が存在し骨盤の閉鎖口を覆っている。

恥骨筋における筋膜のTrpsは鼠径靱帯の端の近位の鼠径部にうずく痛みを生じる。
(特に大腿の外転を伴う重荷を支える活動の際の痛みの原因となることがある)
その痛みは大腿の前内側面の上部まで及ぶ場合もある。
鼠径部の深部痛は内側に拡大して大内転筋が骨盤に付着している部位にまで広がることがある。

恥骨筋のTRPSの痛みは股関節疾患を思わせることもある。

閉鎖神経の圧迫・絞扼からの痛みも恥骨筋のTrpsの痛みと似ている場合がある。

活性の恥骨筋Trpsを持つ患者が健側の下枝で立ち、患側の大腿を股関節において屈曲したまま横に振って最大内転させればその活動の後期に鼠径部に痛みが起こる。

恥骨筋のTrpの部位は恥骨上枝の外側端のすぐ近位に存在する。

Webtikotukinn10001

以上Trpマニュアルより。

« 片頭痛56才女性 | トップページ | 外閉鎖筋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 片頭痛56才女性 | トップページ | 外閉鎖筋 »