« 薄筋 | トップページ | 陰部大腿神経の障害 »

閉鎖神経圧迫・絞扼障害

閉鎖神経は混合神経。
第2,3,4腰神経根により構成され、大腰筋の後内縁を垂直に走り、その内側面から出る。
仙腸関節上を走り、恥骨の上方を走ってから閉鎖孔に至る。

閉鎖孔は内閉鎖筋と外閉鎖筋で覆われていて、その上部に閉鎖管という穴がありここを閉鎖神経、閉鎖動脈、閉鎖静脈が通過していく。

閉鎖管を通過した後、,前枝と後枝に分岐する。
前枝は恥骨筋と外閉鎖筋の間を走行する。
前枝から生ずるのは
・恥骨筋、短内転筋、長内転筋、薄筋にいく筋枝。
(長内転筋への神経は関節繊維で膝蓋部の関節隔膜まで行き、内伏在神経と吻合する。)
・大腿部の内側表面の知覚枝。

後枝は外閉鎖筋を貫通し、外閉鎖筋に分布し、短内転筋の深部を通り大内転筋の前方に出て、大内転筋に分布する。
短内転筋が前枝から分布を受けない場合には後枝から分布する。

関節枝
・寛骨部の内部に分布。
・膝部の後部に分布。

下は末梢神経マニュプレーションより

Heisasinkei_0004

閉鎖神経の圧迫・絞扼障害は内閉鎖筋、外閉鎖筋の緊張や大腰筋の影響によって引き起こされる場合が考えられる。

ちなみに外閉鎖筋は閉鎖神経支配、 内閉鎖筋は仙骨神経叢支配。

また、妊娠時、乗馬による外傷、下腹部・婦人科の外科手術後、閉鎖口ヘルニアなどの際にもよくみられる。、稀に骨盤内の悪性腫脹による場合がある。

症状としては
・鼠径部内側深部、股関節前面あたりの局在のはっきりしない痛みや違和感、下腿や膝関節内側への放散痛などがみられる。

・知覚異常としては大腿の内側部の感覚異常がみられる場合もある。

下は新しい人体解剖学アトラスより。
(メディカルサイエンスインターナョナル)

Heisakinnsihai2tori


Heisakinnsihai2_tori2

閉鎖神経の障害を再現させるテストとしては、

★股関節90度屈曲位において,内旋を加えると外閉鎖筋が,内転を加えると内閉鎖筋が強く伸張されたという報告が見られる。

★正座時には股関節が屈曲位となるため,この二筋が伸張されることで閉鎖神経の絞扼が発生し,膝内側部痛が出現する、という報告もある。

« 薄筋 | トップページ | 陰部大腿神経の障害 »

b1神経障害一覧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 薄筋 | トップページ | 陰部大腿神経の障害 »