« グリセミック・インデックスと問題点 | トップページ | ダイエット飲料の落とし穴 »

異性化糖

異性化糖といわれてもピンときませんが、「ブドウ糖果糖液糖」」となると多くの清涼飲料水などに入っていますから、成分のラベルを気にして見たことのある人なら、目にしたことがあるはずです。
ブドウ糖果糖液糖も異性果糖の一つです。

異性化糖
(ハイ・フルクトース・コーンシロップ ・high-fructose corn syrup、HFCS)

デンプンを酵素又は酸により加水分解して、更に3回の酵素反応を加え、更に精製・濃縮して作られた、人工甘味料のことで、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)の混合液です。

ぶどう糖を、より甘味の強い果糖に変換(異性化)させる事によって甘味を強めることができて、値段も砂糖より安あがりになるようです。

甘味度の強さでいうと、 果糖 > 砂糖 > ブドウ糖 の順になります。

異性化糖製品は日本農林規格 (JAS) では以下のように制定されています。

・ブドウ糖果糖液糖果糖  糖のうちの果糖の割合)が50% 未満のもの。
・果糖ブドウ糖液糖果糖  糖のうちの果糖の割合が50% 以上 90% 未満のもの。
・高果糖液糖果糖      糖のうちの果糖の割合が90% 以上のもの。
・砂糖混合異性化液糖    上記の液糖に 10% 以上の砂糖を加えたもの

この異性果糖は、砂糖より甘みが口中に残りにくく、低温下で甘味度を増すので、炭酸飲料、果実飲料、スポーツドリンク、冷菓などに多く使われています。

また価格も安いので、他に缶詰、パン、みりん風調味料、シリアル、ジャム、ヨーグルト、ケチャップなどに幅広く利用されていて、ガムシロップとして市販もされています。

この異性果糖はブドウ糖と果糖の混合液なので非常に吸収されやすくなっています。

果糖とブドウ糖は同じ糖類ですが、代謝させる経路が異なっています。

ブドウ糖は吸収後に上昇した血糖値に対してインスリンが分泌され、余った分が体脂肪として蓄えられます。

しかし、果糖のほとんどは肝臓で代謝されるため、血糖値を上昇させません。
(果糖の10%ほどはブドウ糖に変換されるらしい。)
しかし、ブドウ糖より吸収が早く、余った分はすぐに中性脂肪として合成させてしまいます。

天然の果物の場合は、果糖以外に食物線維やミネラルも含まれていますから ,極端に多く食べずに少量・適量を心がければそれほど問題にはならないと思います。

清涼飲料水やお菓子その他の食品に含まれている、これらの異性果糖の場合、規制が甘いためか含有量が明示されていません。

特に清涼飲料水の場合は一気に大量のブドウ糖と果糖を摂取することになります。

果糖はブドウ糖より満腹感を得にくく空腹感が満たされないため、より多く欲しくなってしまう結果、依存性を高めるとも言われています。

これらの異性果糖の使用量の多い国(アメリカと日本では)、糖尿病の有病率が高いと言われていますし、それ以外に脂質異常症(高脂血症)、肥満や高血圧、甲状腺疾患などの原因となる、ということが指摘されています。

原材料であるコーンスターチはトウモロコシが原料ですが、アメリカで余剰になっている、遺伝子組み換えのトウモロコシである可能性が高いという事も問題視されています。

さらにもう一つあげれば
果糖は、ブドウ糖の10倍(300倍という説もあります)。も糖化を起こしやすく、それだけ多くのAGEs(終末糖化産物)を作ってしまう、と言うことも最近は問題点として注目されています。

AGEs(終末糖化産物)とは、体内で糖とタンパク質が熱によって変性することでできる物質で、体内の酸化と共に、老化物質として近年着目されています。

« グリセミック・インデックスと問題点 | トップページ | ダイエット飲料の落とし穴 »

d4栄養・ホルモンなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グリセミック・インデックスと問題点 | トップページ | ダイエット飲料の落とし穴 »