« ダイエット飲料の落とし穴 | トップページ | 現代能 藤戸 »

糖質と糖類と炭水化物そして微糖とは?

糖質と糖類と炭水化物の関係って・・・・・・?

炭水化物=糖質+食物線維 です。

そして「糖質」には以下があります。

・多糖類(オリゴ糖、デンプン、デキストリンなど)
・糖アルコール(キシリトール、 ソルビトール、 マンニトール、、マルチトール、 ラクチトールなど)
・二糖類(麦芽糖、ショ糖、乳糖、砂糖)
・単糖類(ブドウ糖、果糖)

さらに「糖類」という場合は通常は単糖類と二糖類を意味します。

ですから糖類ゼロという場合は多糖類や糖アルコールは含まれている場合があります。

そして糖質ゼロを謳っていても、前回、
ダイエット飲料の落とし穴で書いたように問題の多い人工甘味料が使われている場合が多いです。

ですから糖質オフとか糖質ゼロとか表示されていたら、代わりに何が入っているのだろう・・・・・・とよく確認する必要があります。

また食品の表示を定めた、栄養表示基準では以下のようになっています。

※。製造時に原料として使用していても、最終商品での炭水化物、糖質、糖類の“それぞれ”の含有量が 0.5g/100ml未満の場合は、それぞれの成分について『0g(ゼロ)』と表示できます。(分解などにより消失した場合も含みます)

市販されている飲み物で、「微糖」とか「低糖」「無糖」といった糖分に関する表示がありますが、これも知らないとわかりにくいです。

・「無糖」、「糖類ゼロ」などの表示
糖類が100mlあたり0.5g未満の飲料製品の場合。

・「微糖」、「低糖」、、「糖分ひかえめ」の表示
糖類が100mlあたり2.5g未満の飲料製品の場合。

ちなみに、この場合は「糖質」ではなくて「糖類」ですから、二糖類と単糖類になります。
主にショ糖・果糖・ブドウ糖・乳糖・麦芽糖などの含まれている糖分の合計の事です。

« ダイエット飲料の落とし穴 | トップページ | 現代能 藤戸 »

d4栄養・ホルモンなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイエット飲料の落とし穴 | トップページ | 現代能 藤戸 »