« 糖化とAGEs | トップページ | トランス脂肪酸 »

会陰部痛(非細菌性慢性前立腺炎) 55才

「経過としては、昨年の11月に会陰部の痛みが始まり、近くの泌尿器科で尿検査、腹部超音波検査を施行し、慢性非細菌性前立腺炎の診断だった。」

「軽度の前立腺肥大があり、最初はハルナール、セルニルトン、ブルブルェンを2か月服用するも改善なく、次にユリーフ、セルニルトン、ロキソニンを1か月服用するも改善なかった。

そこでは、他に良い治療がないといわれ、総合病院の泌尿器科にかかったが、診断は同じで、別の薬も試したが、全く改善しない状況。

痛みはかなり辛く、長時間座っていることができない。
座るのは30分くらいが  限界。歩いても痛む。。

色々自分なりに調べて骨盤底筋群の緊張が原因かなと思っています。」

と言うことでHYさん来院。

来院は4月中旬で、ほぼ半年前からの症状。
2年前にも一度あったが服薬で良くなったそうです。

今回は発症の数ヶ月前からジムでバイクエクササイズを行っていたそうで、それが影響していると思われます。
お仕事はデスクワークでほぼ一日中座りっぱなし。

痛む場所は会陰部で、睾丸痛、陰茎痛、下腹部痛は無し。
排尿痛無し、
射精時或いはその後の痛み、不快感有り。
痛み系の前立腺スコア 15点

排尿系の問題はほとんど無い 
排尿系前立腺スコアは 1点

QOLに関しての前立腺スコアは 12点で最高レベル。

症状は会陰部痛が中心で、あまり他の複雑な症状は無いが、QOLの点数が高くご本人のつらさのレベルは高いようです。

1回目 4/12 以後週に一回の治療。  

2回目来院時 7くらいになった。

3回目来院時 5くらいになった

4回目来院時 4くらいになった。

5回目来院時 4くらいでほぼ横ばい。 座る時間の限界は2.3時間。

6回目来院時 4くらいだが少し良いかもしれない。

7回目来院時 2くらい。ほぼ横ばい。

8回目来院時 2くらい。ほぼ横ばい

9回目来院時 2くらい。 ほぼ横ばい

10回目来院時 2くらい。 ほぼ横ばい

11回目の予約を頂いていましたが、

「今週に入り、おかげ様で、ほとんど痛みを感じないようになりました。
そこで、一旦治療を中断してみたいと思っています。
また、痛みが再発する場合は、是非よろしくお願い申し上げます。」

というメールをいただいて、とりあえず様子見。

非細菌性慢性前立腺炎は一般に難治なものが多いので、当院の鍼灸治療でもこれほどスムーズに改善することは少ないです。

本当の前立腺炎ではなくて、骨盤底筋群のTPからの関連痛が症状の本態だった、と思います。

当院での慢性前立腺炎の治療は年々少しずつ改良を加えています。
HSさんの場合も、5回目、10回目の横ばいの頃に若干治療法の変更をしています。

« 糖化とAGEs | トップページ | トランス脂肪酸 »

a1慢性前立腺炎・頻尿など泌尿器疾患」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 糖化とAGEs | トップページ | トランス脂肪酸 »