« 機能性ディスペプシア 28才 男性 | トップページ | クエン酸 »

酸性食品・アルカリ性食品・尿のpH

分かっているようで、分かっていないこの分類法・・・・
一時は酸性体質、アルカリ性体質なんて無意味、デタラメという意見も有ったが・・・・
尿のpHという視点から見てみると・・・・・・

この分類法では、食品そのものが酸性かアルカリ性かと言うことではありません。
間違えやすいですが、お酢や梅干しは酸っぱいですがアルカリ食品です。

食品を燃やした灰を水中に入れて溶出成分を含む水溶液のpHを測定して判定します。

結局は食品に含まれるミネラルが身体の中で燃焼して酸性になるかアルカリ性になるかで判断している、と言うことです。

酸性を示すミネラルは、塩素、リン、硫黄などで体内に入ると、体内で酸素と反応して、それぞれリン酸、硫酸、塩酸になります。

アルカリ性を示すミネラルは、 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどです。

具体的な食品としては

酸性食品・・
肉類、魚類、卵、砂糖、穀類

アルカリ性食品・・
野菜(ほうれん草、ゴボウ、サツマイモ、ニンジン、里芋等)、
果物(メロン等)、海藻(ひじき、ワカメ、昆布等)、キノコ、干し椎茸、大豆、お酢

参考

食品の酸度・アルカリ度

人の血液のpHは約7.35~7.45の弱アルカリ性で、ほぼ一定に保たれています。

酸性食品を多く食べ過ぎても、血液のpHはほぼ一定に保たれています。

血液のpHを一定に保つ為に、骨に含まれるカルシウムなどのアルカリ成分が中和のために使われたりすることで、骨が弱くなったりします。

そして尿は酸性の成分を多く排泄するために酸性に傾きます。

この酸性尿の状態が結石や痛風と関係が深いことが分かってきています。
高尿酸血症の場合、尿が酸性に傾くと尿酸が溶けにくくなり、結晶化しやすくなるそうです。
結石も酸性尿の場合方が溶けにくいそうです。

つまり日常食べているものが酸性食品に偏りがちだと、酸性尿になり、結石や痛風になりやすい状態と言えるわけです。

一時は酸性食品、アルカリ性食品の分類は血液のpHまで変わる訳じゃないし、酸性体質、アルカリ性体質とかは無意味、デタラメとか言われたようです。

しかし、血液や体液のpHは一定に保たれていますが、尿のpHに影響を及ぼすわけですから、あながち無意味でもないようです。

血液のpHの正常値は約7.35~7.45でほぼ一定ですが、この一定の血液のpHを保つ為にいろいろな調節が行われています。
尿の場合は食事内容や、運動睡眠量などでも、許容値5.0から8.0の範囲で変動します。
この範囲内では特に病的な異常値ではないようです。

目安の数値としては6.0~7.0位の弱酸性に保たれている位が、ほぼ理想の数値と考えて良さそうです。

尿のpHは日中かなり変動します。

特に睡眠時には尿は酸性に傾きます。
(睡眠中は肺による換気機能が低下し、起床時よりも多くの二酸化炭素が体内に蓄積されるから)

ということで起床時の尿は酸性に傾きやすいと言うことです。
結石は夜間に作られると言われることも一理ある訳です。

朝一番の尿で5.5以下が3日くらい続くようですとややリスクが高くなっていると言うことになります。

ですから、特に朝一番の尿のpHを6.0~7.0位の弱酸性に持って行くことが目標になります。

尿のpHは、おおざっぱに言えば肉食が多いと酸性に傾き、野菜が多いとアルカリの方に傾きます。

また、内臓脂肪が多いと尿が酸性化しやすいそうです。

その他にも病的なケースがありますから、整理しますと
酸性尿、アルカリ尿は以下のようなケースになります。

酸性尿 

高蛋白食・動物性食品の多量摂取、発熱、激しい発汗による脱水、下痢、絶食、飢餓、激しい運動後、糖尿病、痛風、下痢、ビタミンC摂取、呼吸障害や代謝異常により体内で産生物質がたくさんできている場合、発熱、アルコール中毒など。

アルカリ尿

野菜・果物類の多量摂取、嘔吐による胃液喪失、尿路感染症、腎炎、腎不全等の腎臓疾患、過呼吸、ビタミンB2の服用、たんぱく尿などの場合など。
(注意)重曹の含まれている胃薬や食塩の多い食べ物をたくさん摂ったときもアルカリ尿になる場合があります。

さて、自分の尿のpHを計ってみようと購入したのが下の測定器。

Img_1075

最初はリトマス試験紙で良いか・・・・と思っていたのですがいったいどの製品が正確度が高いのか分からないので、デジタル式のPH測定器を購入。

このPH測定器、実は4年ほど前にも購入したことがあるのです。

そのときは,消毒で使用している超酸性水のPHを確認するためでした。

ところが、5回くらい使った後で本体を水の中に落として水没・・・・使用不能になってしまいました。

センサー部分は水につけても良いのですが、他の部分は防水ではないのです。

4年前は12000円位してましたが、今回はキャンペーン中なのか半額程度で購入できました。

前回水没させたのがトラウマで、同じ製品を買うのはちょっと迷ってしまいました。
防水の製品も有りますが、若干高めですし。

さてさて・・・・・・・
自分の尿を計測してみた結果、夕方でしたが,最初は5.2でかなり酸性度が高く、
ガッカリというかややショックでした。

いろいろ試して、野菜をたくさん食べてもせいぜい5.5~5.7くらいであまり変化が無かったです。

夜に水分をたくさんとっても、なかなか6.0以上にならなかったですね。

夕方コーヒーやヨーグルトを多めに摂ると、起床時の尿が良いときで6.0~6.7位になっていましたが、変化が大きくなかなか安定しなかったです。

自分の場合は概ね5.2~6.7くらいの幅で行ったり来たりしているようです。

色々試してみて、割と安定して朝一番の尿のpHを6.0以上に出来る食品がどうやら見つかりました。

あくまでも自分の場合ですが・・・・・・・・・

その食品は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅肉エキスです。

ただし、これだけ摂れば良いということではないと思いますからご注意を。
食事内容によっても変化すると思います。

夜遅く食事を摂らないこと,水分を多くとることも大切な要素です。
自分の場合は夜の食事は早めに済ませて、20時以降はほとんど食べないです。

梅肉エキスは22時頃に少し摂るようにしてみました。
お酢でも良いかもしれません。
クエン酸の効果のようです。

« 機能性ディスペプシア 28才 男性 | トップページ | クエン酸 »

d4栄養・ホルモンなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 機能性ディスペプシア 28才 男性 | トップページ | クエン酸 »