« 1年半続く下腹部痛 結石?腸骨下腹神経障害? | トップページ | 梨状筋症候群と思われる症例 (坐骨神経痛) »

太もも前側の痛み (大腿神経)

48才 女性

「3日前にバレーボールでトスを上げてしゃがんだ時に傷めたようだ。

痛む部分は左太もも前側からやや外側にかけて。

最初は歩くときも痛かったが今は歩行時は痛みは感じなくなった。
しゃがんだ時に、前からやや外側にかけて痛みを感じる。

今年の1月左ふくらはぎ肉離れを起こしている。

できれば2日後のバレーボールの試合に出場したい。」

初診時の所見

・しゃがもうとすると痛く、完全にはしゃがめない。

・仰臥位での患部触診では健側と比べるとやや緊張・圧痛有るが、思ったほどの痛みではない。肉離れとかではなさそう。

・鼠径部の大腿動脈拍動部の外側大腿神経部に顕著な圧痛有り。

・腹臥位で膝を曲げると太ももの前が痛む。

・腹臥位で軽く膝を曲げた状態から、股間節を伸展させると鼠径部から太ももの前に書けていたい。(大腿神経伸展テスト陽性。)

・大腿筋膜張筋、小殿筋あたりもやや緊張有り。

普通だったら太ももの筋肉を傷めた、と思いがちになるところだが、・・・・・・

試験的に大腿筋膜張筋、小殿筋あたり(ツボで言うと環銚あたり)と腰椎2.3番の脊椎際辺りを試験的に刺鍼して、もう一度しゃがむ動作をしてもらうと先ほどよりは楽にしゃがめるようになっている。

痛い場所を触らずに動作が改善しているので、肉離れとか筋肉の挫傷というよりは、筋膜張筋、縫工筋、小殿筋あたりからの関連痛と鼠径部の大腿神経の障害と考えられる。

全体的な治療と、腰椎2.3番、内外腹斜筋、筋膜張筋、縫工筋、小殿筋、鼠径部を重点的に治療。

治療後はしゃがむ動作もだいぶ楽になっている。

2回目(5日後)

初回治療後翌々日のバレーボールの試合に出場できるくらい回復した。
踏ん張ると左ふくらはぎに少し違和感が残っていた。

2回目来院時に1月にふくらはぎの肉離れを起こした頃に左股関節も傷めた、という報告を受けた。
ご本人は「股関節を傷めた」とおっしゃっているが実際は鼡径部痛だったようで,回復までに時間がかかったらしい。

そういう下地があって今回も鼠径部を通過する大腿神経障害を起こしたのだろう。

・しゃがむ動作での痛みはない。

・俯せで膝を曲げると太もも前がやや痛む。

・大腿神経伸展テスト陽性。

試験的に腰椎2.3番あたりと腰方形筋(志室)あたりを刺鍼すると、上の2つは7割くらい。改善された。

その後、前回同様の治療。

今後は時々定期的なケアを行うことにした。

3回目(10日後 ) やや気にはなるがなんとか練習もできていた。
数日前に太もものストレッチをやりすぎたせいか、大腿外側がしゃがみながら体重移動すると痛む。

うつぶせの治療で改善したので、痛い個所の筋肉を傷めたのではなくて小殿筋当たりの関連痛と思われる。

参考記事

http://okirakuseijin.cocolog-nifty.com/okiraku/2012/01/post-a31b.html#more

http://okirakuseijin.cocolog-nifty.com/okiraku/2010/10/post-806d.html#more

« 1年半続く下腹部痛 結石?腸骨下腹神経障害? | トップページ | 梨状筋症候群と思われる症例 (坐骨神経痛) »

b1神経障害一覧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1年半続く下腹部痛 結石?腸骨下腹神経障害? | トップページ | 梨状筋症候群と思われる症例 (坐骨神経痛) »