« 尿膜管遺残症・手術後の後遺症 | トップページ | ほうき草(コキア)と源氏物語 「帚木」 »

血糖値測定器&測定

自分の健康管理&研究用として購入。

だいぶ前から欲しかったのだが、測定チップがネットからは購入できず、普通のドラッグでも販売していないので、面倒でほったらかしにしていた。

たまたま調剤薬局が併設してある近所のドラッグで、買い物ついでに、この件を聞いてみると

「調剤薬局の方で取り寄せ可能、」

ということで注文。

前もって調べておいた安い製品は取り扱いが無かったので、この店で扱っている製品にした。

Img_3441_2

約2週間で到着。

Img_3440

血糖値を測定するには、測定器本体+測定用センサー電極チップ(消耗品)、穿刺器+針(消耗品)が必要となる。

このうち測定用センサーチップ(消耗品)は”体外診断用医薬品”という扱いになっていてネットでは購入できないのだ。

一般のドラッグでも扱ってないので、追加のセンサーチップも薬局もしくは調剤薬局で取り寄せてもらう事になる。

今回のはセットで9800円だが、測定用センサーは消耗品なので一箱(30個入り)を同時に追加購入。(3600円)

一個200円くらいだ。

穿刺器具や穿刺針はネットで購入できるのに、単品では全く危険性が無い測定用センサーチップがネットで購入できないなんて、なんて変な規制なんだろう!!

疑問に思う・・・・

今回セットに入っている穿刺用のは穿刺器具と針が一体になっている製品でオープン価格だが調べると、600円~800円くらいだった。一個数十円。

穿刺用の針も消耗品なので、センサーチップと穿刺用の針で、1回測定する度に230円くらいかかることになる。

何回も測定すると結構な金額になる。

穿刺用の器具は元々持っていて、自分専用にしておけば、同じ針を何回か使用してもそれほど問題は無い。

やり方はこんな感じ。

Img_3473

Img_3474

(尚、使い終わった穿刺用針とチップセンサーは医療廃棄物として廃棄する必要がある。。
うちは鍼灸院なので医療廃棄物業者さんと契約してある。)

さて、血糖値について

江部先生のサイトで基本的な事を勉強させて頂くと、

・糖質1gで正常人だと血糖値1mg上昇。

・糖尿人だと3~5くらい数値が上昇する。

・正常人だと食後1時間くらいで血糖値がピーク(140~180)になり、食後2時間くらいでほぼ空腹時の値に戻る。

・糖尿人だとインシュリンの出方が悪いので血糖値のピークが食後2時間後位になる傾向がある。

・糖質1gあたりの上昇値でアバウトにインシュリンの出方が把握できる。
(ただ、一緒に食べたものに影響されるし、食後運動したりすると値も違ってくる。)

 

自分は大概のことは自分で鍼治療してしまうので,歯医者以外に病院に行くことはほとんど無い。

以前、血液検査で血糖値を計ったのも14年前だった。

以後は測定したことは無い。

(記録があるがこのとき食後で126だった。)

自分の場合、仕事の都合で昼飯抜きの一日2食主義で、ドカ食いになりやすい。

朝食抜きで一日2食の場合は、最初の食事で血糖値が急激に上昇しやすい、と聞いていたので、この点が一番確認したかったことである。

いわゆるグルコーススパイクというやつだ。

まずは空腹時血糖値97。(何回か計ったが、だいたい95前後のようだ。)

Img_3445

食後30分で106。

Img_3446

食後1時間で115。

Img_3447

2時間後の測定をしなかったので、翌日の朝食2時間後に測定。97

Img_3449_2

2時間後の血糖値はほぼ空腹時の値に戻っているし、特に低血糖になっている事も無さそうだ。

ちなみに、食事内容は

ご飯(五分付き、+五穀米など)100g(推定糖質量30gくらい)

おかず 目玉焼き 鶏胸肉・キャベツ・にんじんなどを蒸したもの 推定糖質量10~20gくらい

ミカン一個」(推定糖質量8g)、干し柿一個」(推定糖質量16g)、トマトジュース200g+クエン酸5g+蜂蜜(推定糖質量10g)、ココナッツオイル、ピーナツなど10個くらい、コーヒー。

おそらく糖質量としては70g~80g摂っていると思うが、一年以上前から糖質量は昔の半分くらいに減らしているし、食物線維やクエン酸のおかげで食後の血糖値としては、全然心配の無いレベルのようで安心した。

そのうち、ラーメンを食べた後とか、スイーツ類を食べた後にでも測定してみようと思う。

以前にph測定器を購入して自分の尿のPhを調べた事がある。

http://okirakuseijin.cocolog-nifty.com/okiraku/2015/07/post-dd35.html

測定値が思いがけず悪かったことで、”災い転じて福となす”というほどでもないが、

クエン酸や梅肉エキスなどPhを改善する食品を知ることが出来た。

今回も、その時以来に興味深かった。

追記

ついでに16時半の夕食の2時間後に、試しにカステラ125gとクリームチーズスプーン一杯を食べて、その1時間後測定すると133まで上がっていた。

ちなみにカステラのGI値は69で、ホットケーキの80 ドーナツの86、ショートケーキの82どら焼きの96、ロールパンの83 精白米88よりは低く、ショートニングなどの油脂類も使っていない比較的ヘルシーな食べ物とは言える。

しかし空腹時に単品で食べると、通常の食事よりは急激に血糖値が上がっている。やはり

もっとも通常カステラ一切れは約50gで推定糖質量が31.3g、160kcalということだから、自分が食べたのは二切れ半分で糖質量は約78gくらいになる。

残してもまずくなってしまうから、一気に食べちゃったが、そりゃ、ほぼ空腹時にこれだけ糖質を食べれば、かなり血糖値が上がるのは当たり前。

比較材料が無いのでよくわからないが、むしろこれくらいしか上昇しなかったのを良し、とするべきなのかもしれない。糖代謝の異常のある人だともっと上昇するだろう。

通常、血糖値スパイクとは血糖値が140を越えて急激に上がることを言うので、133だから安全域ではあるが、自分の場合はちょっとしたミニスパイク現象くらいになっているのだろう。

おやつのスイーツは単品で食べるのはやはり気をつけた方が良い。

やはりスイーツを食べるのは食後とか、食物線維を摂った後が良いということである。

Img_3455

その一時間後は106に低下。

Img_3454

1回の測定ごとにチップセンサー代200円が消えていく~~~~
こうやってブログのネタとしても使えるし、本人は研究のつもりなのだが、

外野から見るとほとんど道楽だろうな・・・・・

« 尿膜管遺残症・手術後の後遺症 | トップページ | ほうき草(コキア)と源氏物語 「帚木」 »

d4栄養・ホルモンなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尿膜管遺残症・手術後の後遺症 | トップページ | ほうき草(コキア)と源氏物語 「帚木」 »