カテゴリー「c1上肢の神経障害など」の記事

橈骨神経麻痺(下垂手)

外傷によるものありますが、主に上腕(二の腕)の後ろの部分を走る橈骨神経が持続的に圧迫されて神経障害を起こしたために起こります。

続きを読む "橈骨神経麻痺(下垂手)" »

表在性橈骨神経(橈骨神経浅枝)

橈骨神経は外側上顆のやや遠位で深枝と浅枝に分かれる。

続きを読む "表在性橈骨神経(橈骨神経浅枝)" »

肩甲上神経ブロック

50肩や肩関節周囲炎、スポーツでの肩関節障害で見過ごされやすい事の1つが肩甲上神経や棘上筋の問題です。

続きを読む "肩甲上神経ブロック" »

ギヨン管症候群(尺骨神経管症候群)

ギヨン管症候群(尺骨神経管症候群)
 小指側の小指球の手根部にギヨン管(尺骨神経管)という、尺骨神経と尺骨動静脈の通り道があります。、 この部分は周囲を屈筋支帯と尺側手根屈筋で囲まれる構造になっていて、様々な原因で圧迫・絞扼されることが原因となって起こります。

続きを読む "ギヨン管症候群(尺骨神経管症候群)" »

手根管症候群

手根管とは、手首の手のひら側にある屈筋支帯(横手根靱帯)と手根骨で囲まれたトンネル部分のことです。
この中を、手首を動かしたり、指を曲げたりする働きがある腱と一緒に、正中神経が通っています。
いろいろな理由がありますが、靱帯が炎症を起こして分厚くなったり、手根管部分の内圧が高くなったりして、正中神経が圧迫され絞扼障害を起こした状態になると、手の指がしびれたり、痛んだり、指の動きが悪くなったりします。

続きを読む "手根管症候群" »

前骨間神経の絞扼・麻痺、回内筋症候群

前骨間神経は正中神経から分かれる枝で、肘のやや下(遠位の部分)で円回内筋や二頭筋筋腱膜、浅指屈筋などによって絞扼され、前腕から手の痛みや知覚障害や運動障害を引き起こす場合があります。
これを回内筋症候群とか、麻痺が強くなった場合は前骨間神経麻痺といい、手の母指、示指の先がうまく曲がらなくなります。

続きを読む "前骨間神経の絞扼・麻痺、回内筋症候群" »

後骨間神経の絞扼・麻痺 回外筋症候群

橈骨神経の深枝である後骨間神経が、肘の下で回外筋の筋腹を貫く際 回外筋の浅層に形成されたアーチ、Frohseのアーケードの下を通り浅層と深層の間に入ります。この部分で圧迫・絞扼が起こる場合があり、橈骨管症候群とか、麻痺が強い場合は後骨間神経麻痺と呼ばれる場合もあります。

症状としては、肘周辺や前腕部の疼痛、指が伸ばせない、親指が広げられない、といった症状が出てきます。
初期では上腕骨外側上顆炎と間違えることもあります。

続きを読む "後骨間神経の絞扼・麻痺 回外筋症候群" »

肘部管症候群

肘部管症候群とは、何らかの原因で肘の肘部管という尺骨神経が通る部分で
圧迫・摩擦・絞扼・牽引されて、手の尺側(小指側)に痛みやシビレ、握力低下、巧緻運動障害などを引き起こす疾患です。

続きを読む "肘部管症候群" »

腋窩神経絞扼障害

腋窩神経は肩の後ろ側のQuadrilateral space(外側四角腔或いは外側腋窩隙)
という所で絞扼障害を起こすことがあります。

続きを読む "腋窩神経絞扼障害" »

肩甲上神経絞扼性障害

肩甲上神経は頸部の付け根で腕神経叢の上神経幹から起こります。(C4-6に由来)。
そこから後外側に向かい(中斜角筋を貫くこともある)、肩甲骨の上肩甲横靱帯の下で肩甲切痕を通り肩甲骨の棘上窩に入ります。
(この上肩甲横靱帯の下を通る部分で部分で絞扼症状を起こしやすい。)

続きを読む "肩甲上神経絞扼性障害 " »

より以前の記事一覧