« 筋皮神経 | トップページ | 薬師寺展@国立博物館 »

過活動膀胱の鍼灸治療症例31才女性

1月から膀胱炎みたいな症状になって
(菌は出ていなかったから実際は膀胱炎ではなかったようですが)
以後3月になっても頻尿が治らずに
過活動膀胱と診断された女性(31歳)。

バップフォー とベシケア という薬を処方されていましたが効果無く来院。

5回くらいの、耳鍼を中心とした治療でほぼ良くなりました。
頻尿になってからまだ数ヶ月でしたから比較的早く良くなっています。

これが何年も経過してしまうと中々治りにくくなってしまいます。

過活動膀胱って、昔は聞かなかった病名ですが、それもそのはず
2002年に新しく認定された病名だそうです。
以前でしたら神経性頻尿と診断されていたでしょうが・・・
境界はかなり微妙ですね・・・・

ちなみに治療は神経性頻尿とみなして精神的な面を中心に治療しています。
今までも神経性頻尿の患者さんは数年以内の患者さんはほとんど良くなっていますね。

横浜市戸塚鍼灸院

« 筋皮神経 | トップページ | 薬師寺展@国立博物館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過活動膀胱の鍼灸治療症例31才女性:

« 筋皮神経 | トップページ | 薬師寺展@国立博物館 »