« 股関節外旋筋群と坐骨神経痛 | トップページ | 梨状筋症候群とトリガーポイント »

腓腹神経

腓腹神経は脛骨神経の枝の知覚神経。

腓腹神経は脛骨神経の枝で、膝窩の腓腹筋の2頭の間で内側腓腹皮神経として始まる。腓腹筋の筋腹の浅層を下降し、下腿の中央部で深筋膜を貫通して中に入る。
下腿中央で総腓骨神経あるいは外側腓腹皮神経からでる分枝と合して腓腹神経となる。

さらに下腿を下行して足関節外果後部から外果直下を通過し,踵部から足背の外側縁に沿って足の外側部と小趾の皮膚に分布する。
・踵の外側の皮膚に行く外側踵骨枝。
・足の外側縁に行くのは外側足背皮神経。

外果の後方では後脛骨動脈の後ろ側に腓腹神経がある。

ちなみに内側足背皮神経、中間足背皮神経は浅腓骨神経の枝で足背に分布。

参考 前足根管症候群

この腓腹神経は長腓骨筋腱,短腓骨筋腱の上を走行していて、この部位も骨折、捻挫の後遺症などで障害を起こしやすい。 

下はグレイ解剖学より

Hifukusinkei

下は人体解剖学アトラス メディカルトリビューンより

Hifuku

横浜市戸塚鍼灸院

« 股関節外旋筋群と坐骨神経痛 | トップページ | 梨状筋症候群とトリガーポイント »

b1神経障害一覧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 股関節外旋筋群と坐骨神経痛 | トップページ | 梨状筋症候群とトリガーポイント »