« 2009年11月 | トップページ | 2010年3月 »

胸郭出口症候群(TOS)

胸郭出口と呼ばれる領域で、前斜角筋、中斜角筋等の筋肉や鎖骨、第一肋骨などによって、腕神経叢と鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が圧迫・絞扼、或いは牽引されて、神経症状や血行障害を引き起こす事が原因です。

 

以前は斜角筋症候群、頸肋症候群。肋鎖症候群、過外転症候群と呼ばれていた疾患が1956年頃に共通の病因をを持つ疾患として統一されたのが胸郭出口症候群(thoracic outlet syndrome)です。

続きを読む "胸郭出口症候群(TOS)" »

« 2009年11月 | トップページ | 2010年3月 »