« 上腕三頭筋 | トップページ | 手根管症候群 »

過活動膀胱(神経性・心因性頻尿)40代女性

40代の女性Sさん、通勤時の神経性頻尿で困っている、ということで鍼灸治療を希望して来院。
泌尿器科では過活動膀胱といわれ、半年ほど服薬したそうですがほとんど効果がなかったそうです。
耳鍼でとても良い結果が出ました。

なにかきっかけというようなことはありましたか?
とお聞きしたら、

「思い出してみたら、去年の10月、友人と食事の後、
駅まで行く5分の間に、急に、おトイレに行きたくなり、
震えが出て、冷や汗を出しながら、駅まで走った事が
ありました。
それからは、外出時、お店を出る前や、電車に乗る前には
必ず、おトイレに行ってます。
たぶん、これがきっかけだと思います。

電車に乗ってすぐに、「あっ!おトイレに行きたいかも・・」と思った
瞬間、冷や汗が出て、次の駅で降りた事があります。

それからは、家を出る前、電車やバスに乗る前には、
必ず、おトイレに行ってから乗ってますが、たまに
途中で降りて、駅のおトイレに行ってる状態です。」

ひどい時は30分くらいの通勤時間で途中で2.3回降りておトイレに行くという状況だったそうです。

幸いに仕事中は自由におトイレに行ける環境だったそうで、
そういう環境だとほとんど気にならなかったそうです。

夜間にトイレに行くと言うこともなく、いままで特に頻尿傾向という事もなかった、
と言うことでしたので

全身的な神経系調整の鍼治療と、トラウマを消す目的で耳鍼を行いました。
私がビックリするくらいに結果がとても良く、

「前回、針をお願いしてから、おトイレを気にしなくても
乗り物に乗れる様になりました。

鍼をお願いしてから、汗もかけるようになり、たまに
起こる偏頭痛もかなり楽です。」

というメールをいただいたのが、初診から4日後。

再診が一ヶ月後になってしまいましたが、効果は持続中で
ほぼトラウマが無くなったようです。

きっかけがあってからまだ半年くらいで、
通勤時やトイレに行けない環境でだけ、とても気になってしまう、
という状況でしたから、たまたま一回で良くなりました。

似たような症状の方でもだいぶ個人差があるようです。
もともと頻尿傾向の素因がある方はやはり治るのにも時間がかかるようですし、
神経性頻尿になってから何年も経過している方もなかなか治りにくくなってしまいます。

こういう神経性頻尿の症例の方に対しては

「個人差がありますから、大体は数回から10回程度はかかるかもしれません」
と申し上げています。

個人差がかなりありますから、中々治らなかった症例もありますけど・・・・・・

横浜市戸塚鍼灸院

« 上腕三頭筋 | トップページ | 手根管症候群 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上腕三頭筋 | トップページ | 手根管症候群 »