« 縫工筋 | トップページ | 表在性橈骨神経(橈骨神経浅枝) »

大腿筋膜張筋

上前腸骨棘から起こり、大転子の下方で脛骨外側顆に付着する腸脛靭帯で終わる。

上殿神経の枝が支配している。

作用

股関節の屈曲 外転および内旋

股関節の伸展で膝が屈曲している場合の下腿の外旋

鵞足の筋と均衡して膝の横方向の安定化をはかる

前内側部は膝の部分かその上部に付着し、大腿の屈曲に作用。

後外側部は膝の下方に付着し膝の安定の為に働いている。

この筋は中殿筋小殿筋を助ける

主として前内側部の繊維は下肢の揺れにおいて活性化され、後外側部の繊維は緩やかなジョギング、または普通のランニングあるいは急激な力走中の踵の衝撃、階段やハシゴを上がるときにも活動的になる。

大腿筋膜張筋のTPSからの関連痛及び過敏点は、寛骨部の深部や、股関節部、大転子を覆う大腿の前外側部に集中し、大腿を下方に伸びて膝に達する。

この痛みは股関節を動かすときに一層激しくなる

その痛みのために早い歩行は困難でTPS側を下にして横になることが困難になる。

健側を下にしても腸脛靱帯が緊張するために膝の間に枕を挟まないと横になれないことがある。

この筋からの関連痛は小殿筋、中殿筋、および外側広筋の前部におけるTpsからの関連痛に類似していて、、またしばしば転子包炎によるものと間違われる。

また腰方形筋のTPsからも大転子に関連痛や過敏点をもたらすものがある。

外側大腿皮神経の絞扼もよく似た非常に紛らわしい。。

TPSは小殿筋の前側に存在することが最も多い。

大腿筋膜張筋のTpsを持つ患者は立ったときに股関節を屈曲する傾向があり、後方に反り返ったり股関節を伸展することが困難である。(これらの動作は腸腰筋ならびに中殿筋、小殿筋、の前部繊維によっても制限される。)

内転の範囲も狭い

Kinnmakutyoukinn

(以上はTpマニュアルより)

Hone

(上は人体解剖カラーアトラス南南江堂より)

21大腿筋膜張筋

16 縫工筋 

7小殿筋

« 縫工筋 | トップページ | 表在性橈骨神経(橈骨神経浅枝) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 縫工筋 | トップページ | 表在性橈骨神経(橈骨神経浅枝) »