« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

痞根(ひこん)穴

位置 
第1腰椎棘突起下外側3.5寸。

(肓門の外方5分.肓門穴の変動穴と考えて良いだろう)

続きを読む "痞根(ひこん)穴" »

腰方形筋

腰方形筋は3つの筋繊維が各々別の方向に向いており付着部もそれぞれ異なるため極めて複雑である。

起始  腸骨稜 腸腰靭帯 下部腰椎の肋骨突起
停止  第12肋骨 上部腰椎の肋骨突起

神経支配

胸神経(T12)、腰神経(L1~L3)の前枝

腰方形筋の主な働き

第12肋骨を下制する
脊柱の側屈
脊椎固定
両側で働いた場合は腰椎を伸展させる。

 

 

 

 

 

 

続きを読む "腰方形筋" »

後頭神経メモ

大後頭神経はC2後枝の枝。下頭斜筋の下方から皮下にでて後頭下三角を上行し、頭半棘筋と僧坊筋を貫いて頭頂付近までの後頭部の広い領域の頭皮に分布する。

続きを読む "後頭神経メモ" »

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »