« 母趾外転筋 | トップページ | 非細菌性慢性前立腺炎の鍼灸症例63才 »

雲門

うんもん:肺経 LU02

標準経穴:前胸部、鎖骨下窩の陥凹部、烏口突起の内方、前正中線の外方6寸。
甲乙経:巨骨の下に在りて、気戸両傍開くこと2寸の陥中。動脈手に応ず。手を挙げて取る。手の太陰の脉気の発するところ。
(手の太陰より発し足の厥陰に帰して期門に入る。
澤田健先生は「雲門は天の気の入るところである」と、通常の中府の位置に取り、雲門として喘息などに灸を使っていたらしい。

烏口突起の内縁に取穴するのが定説だが、胸郭出口症候群で小胸筋に注目するなら烏口突起の下方を探す。
また、烏口突起の外方には烏口腕筋・上腕二頭筋短頭が付着していて、上縁には円錐靱帯・菱形靱帯が付着している。

〈主治〉:咳嗽、気管支喘息、胸痛、胸部苦満、胸中の煩悶感、気が心に上衝する、感冒、喉痛、肩、上肢(腕)痛

下2枚は人体解剖カラーアトラス 南江堂より

21 小胸筋 8烏口腕筋 24上腕二頭筋短頭

Unnmonn1

下  10 小胸筋付着部  3 烏口腕筋・上腕二頭筋短頭の付着部

1 円錐靱帯付着部  20 菱形靱帯付着部 

Unnmonn2

雲門近辺の奇穴

下2枚は針灸奇穴辞典 風林書房より

琵琶
鎖骨肩峰端の前縁。烏口突起上縁の陥凹部。(ほぼ菱形靱帯・円錐靱帯部)
巨骨の前直下方。

Unnmonn3

髃前
烏口突起外上方の陥凹部。肩髃の斜め前上方約1寸。

Unnmonn4

小胸筋Trp

Syoukyoukinn

小胸筋のTpsからの関連痛は三角筋の前部の領域に非常に強い痛みをもたっらす。活性度が非常に高い場合は上方の鎖骨下筋の領域まで痛みを波及することがあり、そしてときには同側の胸部全体に痛みを引き起こす。波及痛は上腕の尺側、肘部

前腕そして手の3.4.5指を含む手掌にまで及ぶ。

横浜市戸塚鍼灸院

« 母趾外転筋 | トップページ | 非細菌性慢性前立腺炎の鍼灸症例63才 »

e1経絡経穴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母趾外転筋 | トップページ | 非細菌性慢性前立腺炎の鍼灸症例63才 »