« 荘子・坐忘問答 | トップページ | 涼しいBGM »

神経性(心因性)頻尿9才

9才の女の子の神経性(心因性)頻尿の症例。

地元の小学校に通っていないため、毎日40分ほどの電車通学をしている。
昨年から、近所の同級の子とのトラブルが起こるようになってきて、三学期頃から学校で腹痛の症状が起きるようになってきた。
担任を交えて話し合うようになってから次第に腹痛は起きなくなってきたが、この春休みから次第に頻尿の症状が出てきた。(初診は4月)

自宅では一切頻尿は見られないが、仲良しのお友達と遊びに行くと、しょっちゅうトイレに行きたがる。
レストランなど、トイレがあるところでは安心しているのか大丈夫だが、外でトイレのないところでは不安がり、頻繁に行きたがる。
映画の間も2時間のうち、2~3回行く。
通学途中、乗換えのときにもトイレに入るようです。
授業中もトイレに行っているようです。

一番困っていることは長い行事の途中でトイレを意識してしまう時だそうです。
春休み中、明日はどこへ出かけようというと、必ず所要時間を聞いてきたり、トイレはあるかと心配したりしている。

治療法は耳鍼のみで精神面、トラウマの治療。遠方なので週に1回。
来院時にトイレに入ることもなく割と落ち着いているが、
さすがに鍼は怖そうだった。

最初のうちは、ファロスの0.14×10ミリ鍼で10分ぐらい置鍼後
シール付き円皮鍼のパイネックス・オレンジ(0.2×0.1ミリ)を貼付。
(鍼を刺すときは少し怖がるが置鍼中はリラックスできるようだった。)
少しずつ順調にトイレが気にならなくなってきているようだった。

刺す鍼はどうしても緊張するみたいなので、5回目からパイネックス・オレンジのみに変更。
(こちらの方が鍼自体は太いのだが、シールがついているし長さは短いので痛みはほとんど無く、鍼というよりはシールと認識してくれるのでやりやすかった)

6回目来院時 「午前中の授業参観の時もトイレに行かなかった」
7回目来院時、「学校行事でお芝居みたいなことがあったときは緊張して少しトイレが気になった。」
8回目来院時、「遠足で往復4時間のハイキングがあったが、長いときは2時間の歩行中も平気だった。」
12回目 「美術館で2時間くらい平気だった。段々自信がついている。」
14回目 「この後夏のキャンプに行くのが、とりあえず不安材料だった。」

後日TELあり、キャンプも無事にクリアしてとりあえず様子見。
このくらいの年齢の子は耳鍼に非常に良い反応をしてくれるように思います。

横浜市戸塚鍼灸院

« 荘子・坐忘問答 | トップページ | 涼しいBGM »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 荘子・坐忘問答 | トップページ | 涼しいBGM »