« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

腸腰筋

大腰筋と腸骨筋と合わせて腸腰筋と呼ばれる

大腰筋は

上方では浅頭と深頭を有し、
浅頭はT12からL4の椎体の側面と肋骨突起から起始し
深頭はすべて腰椎の肋骨突起より起始する。

下方では両頭は合して下外側方に行き(両頭)間に腰神経叢が存在する)、筋裂孔を経て、その腱は大腿骨の小転子に付着する。

腸骨筋の付着部(起始)は

上方では腸骨の上縁並びに腸骨窩内面の上三分の二から起こり、
下方では大部分が大腰筋の内側で腱と連結し、さらに一部の筋繊維は筋裂孔を経て直接小転子の近くに付着する。

小腰筋
起始 第12胸椎と第1腰椎の椎体の外側面。
停止 腸骨筋膜から腸恥隆起
小腰筋は個人差があり、40~50%の割合で両側の欠如がある。
存在している場合は大腰筋の前部にある。

神経支配
大腰筋:腰神経叢の筋肉枝((T12)L(1)L2~L3(4))
腸骨筋:腰神経叢の筋肉枝(L2~L4)
小腰筋:腰神経叢の筋肉枝((T12)L(1)L2~L3(4))

・大腰筋は   ,腰方形筋、横隔膜、腸骨筋、小腰筋、最長筋、腸肋筋と筋連結がある。
・腸骨筋は 大腰筋、縫工筋、大腿直筋、横隔膜、腸骨筋、小腰筋、最長筋、腸肋筋と筋連結がある。
・小腰筋は大腰筋、横隔膜と筋連結がある。

 

 

続きを読む "腸腰筋" »

解剖メモ 鼠径管

鼠径靭帯の内側の上縁に沿った裂隙で、腹腔から皮下へ通過する管。
左右の腹壁下端を外側上後方から内側下前方へ斜めに貫通している。

(鼡径靭帯は、外腹斜筋の下縁で、上前腸骨棘と恥骨結節を結ぶラインに在る腱)

鼠径管は4つの壁によって囲まれている。

・前壁は外腹斜筋腱膜と内腹斜筋。
     

・後壁は腹横筋筋膜と鼠径鎌。
     

・上壁は内腹斜筋と腹横筋の下縁。
     

・下壁は鼠径靱帯および裂孔靱帯である。
         

続きを読む "解剖メモ 鼠径管" »

陰部大腿神経の障害

腰神経叢の側副枝。
L1,2から生じる神経線維によって構成される混合神経。

まず大腰筋の中を下方に向かい、その途中で大腰筋の前面に現れる。次に腸骨筋膜の下を進む。前方で生殖管(精巣管又は卵管)や尿管と次々に交差する。(尿管の後を通る)

前下方へ斜めに進み鼠径部付近で陰部枝と大腿枝に分岐する。

続きを読む "陰部大腿神経の障害" »

閉鎖神経圧迫・絞扼障害

閉鎖神経は混合神経。
第2,3,4腰神経根により構成され、大腰筋の後内縁を垂直に走り、その内側面から出る。
仙腸関節上を走り、恥骨の上方を走ってから閉鎖孔に至る。

閉鎖孔は内閉鎖筋と外閉鎖筋で覆われていて、その上部に閉鎖管という穴がありここを閉鎖神経、閉鎖動脈、閉鎖静脈が通過していく。

続きを読む "閉鎖神経圧迫・絞扼障害" »

薄筋

薄筋は大内転筋を覆ってその浅層にある。
起始 恥骨(恥骨結合の外側縁)
  停止 脛骨(上部の内側面)【鵞足】

支配神経
閉鎖神経

主な機能
股関節の内旋、膝関節の屈曲、下肢の内旋

続きを読む "薄筋" »

大内転筋

大内転筋筋性部
起始 坐骨下肢の前面、
停止 大腿骨粗面の内側唇、

大内転筋腱性部
起始 坐骨結節の下面。
停止 内転筋結節。

神経支配 
大内転筋筋性部は閉鎖神経(L3~L4)、
大内転筋腱性部は坐骨神経の脛骨神経

主な働き 
股関節の内転、屈曲、(大内転筋の後側部分、ハムストリングに相当する部分は股関節の伸展に働く) 

続きを読む "大内転筋" »

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »