« からだ通信14 めまいの話 PDF | トップページ | 腰痛の解説・腰痛と東洋医学・手当法 »

アレルギー鼻炎・花粉症に対する 耳鍼療法

アレルギー性鼻炎、花粉症に対して
耳鍼と井穴刺絡が大変に効果的です。
それぞれ若干微妙に違いがあります。

即効性に勝るのは井穴刺絡、持続性に勝るのは耳鍼。
という感じです。

薬指に対する井穴刺絡は,
アレルギー歴の短い人にはある程度即効性は有りますが、
花粉症歴が10年とか20年とか長い人になると
やはり持続性が難点で、効果今ひとつです。

このような患者さんに耳鍼を加えるとかなり症状を抑えることが出来ます。

耳鍼も花粉症歴10年以下の方に対しては、効き方は大変良いです。

使っているツボは年々改良を加えています。

基本的には、アレルギーポイント、ゼロポイント、肺、大腸、副腎あたりから適宜選択しています。

10年以上の方にはだいぶ手こずっていましたが、
4.5年くらい当院で根気よく花粉症の耳鍼治療つづけてくれている方たちは
薄紙はぐように年々楽になってきています。

花粉症の症状が出てからあわてて来院する患者さんも少なからずいますが、
やはり花粉症の症状が出る前から
ある程度継続して治療している患者さんが一番良い結果が出ています。

手の薬指は古来は耳経と呼ばれ、耳と特に関連が深い経絡です。

薬指の井穴刺絡と耳鍼、両方うまく使いこなす事が大事だと思います。
井穴刺絡は家庭では電子ハリを用いて代用することができます。

横浜市戸塚鍼灸院

以前の記事を改訂 2018

« からだ通信14 めまいの話 PDF | トップページ | 腰痛の解説・腰痛と東洋医学・手当法 »

a0耳鍼療法・耳ツボ療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« からだ通信14 めまいの話 PDF | トップページ | 腰痛の解説・腰痛と東洋医学・手当法 »